就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

就活の悩みや不安を相談できる就職エージェントneo

資材所要量計画

【よみ】しざいしょようりょうけいかく【英名】MaterialRequirementsPlanning

別名、MRP、エム・アール・ピーともいう。
資材所要量計画とは、ある一定期間に生産する予定の製品品種から
それぞれの製品の部品展開をし、必要部品の総量を算出し、
有効在庫量、発注残を差し引き、発注すべき部品数量を算出する方法と、
その仕組みをMRPという。この考え方は、簡単な製品構造のものや
受注生産主体の会社では、古くからあったが、コンピュータによる
生産管理の進展により、一躍脚光を浴びることとなった。
部品展開マスターをどう簡素化して作るか、
半製品・部品在庫の把握の方法をどのようにするかがMRP導入の鍵である。
製造部門の負荷管理も考えたMRP-?(ManufacturingResourcePlanning)、
需要予測の要素を含めたMRP-?もある。
ERP(EnterpriseResourcePlanning)の生産管理モジュールでは、
中心的な仕組みとして取り込んでいるものも多い。

ページトップへ