冗長性

【よみ】じょうちょうせい【英名】redundancy

冗長性とは、本来であれば「余剰」となるものを付加することによって、
可用性が高められている状態で、また、データにおいては、エラーの検出や
データの訂正に必要な情報が付加されている状態を指し、たとえばパリティ・ビットを
付加することで、データには冗長性がもたらされる。