就職活動において必ず行われる「面接試験」。

面接は、採用選考のなかで企業の採用担当者と話すことができる唯一の機会です。

面接の印象で「採用」を決める企業も少なくありません。面接は、就職活動のなかで最重要と言っても過言ではないのです。

今回の記事では「面接試験の目的」と「面接で就活生がやるべきこと」をご紹介します!

面接の目的は「雇用のミスマッチを防ぐこと」

面接で企業が知りたいことは、あなたの「人柄」と「能力」です。

具体的には、以下の4つが挙げられます。

  • 自社のカラー(雰囲気)に合うか
  • 配属先のメンバーと上手くやっていけるか
  • 求めているスキルを持っているか
  • 自社の考えかたに共感してもらえるか
  • 企業は、面接を通じて“自社で欲しい人物像と、あなた(求職者)がマッチしているか”ということを確認しています。

    もし、自社の雰囲気に馴染むことができなければ、配属先の社員とも良い関係を築くことができません。

    また、求められているスキルが無ければ業務をこなすことができません。

    つまりは、お互いのことを知らなければ、「働きにくい」という企業・求職者、双方に不都合な状況が発生してしまいます。

    面接は、双方にとって不都合な状況を避けるために行います。

    面接と聞くと「余計なことは言えない」と、かしこまってしまうかもしれません。

    ですが、業務を行う上で心配なこと、気になることがあれば、あなた(求職者)からもハッキリと伝えるべきです。

    企業は「自分で考え、行動できる人材」を求めている。

    残念ながら「面接に確実に受かるためのマニュアル」は存在しません。

    前述のとおり、面接は双方にとって不都合な状況を避けるために行います。

    面接では、「失敗できない」という思いから、まるで就職活動の参考書をそのまま読んでいるかのような、返答してしまうこともあるかと思います。

    ですが、参考書のような返答では、面接官にあなたの強みを伝えることはできません。

    むしろ、そのような返答をすると「この人はマニュアル通りのことしかできないな..」と嫌悪感を抱く面接官も多く見られます。

    初対面の面接官にあなたの人柄や能力が伝わるよう、これまで印象に残った出来事や過去の経験を交えて志望動機や自己PRを話しましょう。

    参考書にあなたの人柄や能力は載っていないのですから。

    「面接に落ちる=あなたがダメな人」ということではない

    何度も面接に落ちると、「自分は社会に必要とされていないんだ」と落ち込むことがあるかもしれません。

    ですが、面接に落ちた理由はあなたがダメな人間だから、ではありません。

    面接に落ちた理由は、あなたの人柄や能力が面接官に伝わりきらなかったからです。

    面接に落ちたときは、志望動機や自己PRを見直しましょう!

    個別面談開催中!!

    ?【仙台開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「トップクラス」だから出来る就活サポート!

    ?【大阪開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「トップクラス」だから出来る就活サポート!

    ?【東京開催/無料】就活個別面談PREMIUM!センパイ達のESや面接対策シートから弱点を克服デキル

    ?【東京開催/無料】就活個別面談!文系学生の内定取得支援実績がトップクラスだから出来る就活サポート!

    ?【東京開催/無料】面接対策個別セミナー体験版!備えあれば憂いなし

    ?【名古屋開催/無料】就活個別指導!文系学生の内定取得支援実績「トップクラス」だから出来る就活サポート!

    ?地方大学の理系学生向け就職支援「ちほりけ」


    ≪面接対策のコツに戻る
    面接の種類を見る≫

    就職相談(就活)・内定獲得支援なら就職エージェント!

    今すぐ無料会員登録