TOP > 就活ニュース > 来春卒の大学生の就職内定率64.4%、採用解禁繰り下げで前年比減

来春卒の大学生の就職内定率64.4%、採用解禁繰り下げで前年比減

2016年卒業予定の大学生の就職内定率は、
8月1日時点で64.4%と前年同月に比べ13.8ポイント低かった。
リクルートホールディングス傘下のリクルートキャリアが、
12日に調査結果を発表した。


就職情報サイト「リクナビ」2016会員の大学生と大学院生から
モニターに登録した7320人を対象に実施。
実際の母集団の構成比に近づけるよう、
文部科学省「学校基本調査」の数値を参考にウェイトバック集計を行い、
大学生967人、大学院生375人を集計対象とした。
前年に比べて内定率が低いことについては「今年から大手の採用解禁が8月からと、
4カ月繰り下げられたことが要因ではないか」とみている。