TOP > 就活ニュース > 就活前倒しが影響 大学生内定率、昨年同時期より上昇。

就活前倒しが影響 大学生内定率、昨年同時期より上昇。

2017年春入社の就職・採用活動で、企業から内定・内々定を受けた大学・大学院生は4月1日時点で11・8%に上ることが、わかった。

昨年同期(7・1%)より4・7ポイント上昇し、活動の早期化が進んでいることが裏付けられる結果となった。

学生が内定・内々定を受けた会社数は平均1・4社で、
企業規模は従業員数1000~4999人が44・3%、5000人以上が
31・0%と大手が目立った。

調査会社ではその理由を「日程前倒しに加え、売り手市場も影響し、企業がより早く選考を進める傾向が強まっているため」とみている。

調査は就職情報会社ディスクコが実施。
4月1~6日、大学4年生と理系の大学院2年生を対象にインターネットで行い、1334人が回答した。

(4月14日 読売新聞より転記)