TOP > 就活ニュース > [17年新卒 就活] 解禁前に3割が「内定」 学生の売り手市場つづく

[17年新卒 就活] 解禁前に3割が「内定」 学生の売り手市場つづく

2017年春に卒業する大学生の就職内定率が、2016年5月1日時点で29.1%と3割に迫っていることが、就職情報のディスコの調べでわかった。

前年同期と比べると、11.2ポイントも上回っている。

ディスコが2016年5月16日に発表した、17年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)の就職内定率は、
前年に比べて11.2ポイント高い29.1%となった

学生が内定を得た企業の規模(社員数)は、1000人以上の大手企業が56.7%を占めている。

ディスコによると、現在内定を得ている学生の多くは社員数で1000人以上4999人規模、業界で4位、5位クラスの企業という。

担当者は「今内定を獲得したのは『第2、第3志望』で、今後『本命』企業の受験に向けて、まだまだ就活を続けています」と話す。

実際に、内定を得ている企業への入社を決めている学生は1割弱で、8割超が就活を続けているという。

同社は、企業も学生も早いペースで動きはじめているようだが、
その半面、「学生の売り手市場であることに加え、
今年は学生が志望する企業をしぼり込んで臨んでいる傾向がみられます」と分析している。

調査は、2016年5月1日~6日に実施。1192人から回答を得た。

(5月21日 J-CASTニュースより転記