TOP > 就活ニュース > 採用「増やす」3割 拡大傾向に一服感も「売り手市場」は継続

採用「増やす」3割 拡大傾向に一服感も「売り手市場」は継続

主要100社に朝日新聞が聞いた2017年春の新卒採用計画で、前年より「増やす」企業は33社と、昨年の調査時の42社より減った。

現在は、「学生の売り手市場」が続いているため、企業の採用意欲は高いがある程度の人員を確保できたとして、
採用拡大に慎重になりつつあることもうかがえる。

「増やす」企業では、事業拡大などを理由にオリックスが前年比約6割増の約260人とするほか、
ホンダは自動運転など新技術強化のため約2割増の750人を増員する。

一方、メガバンクはそろって「減らす」と回答。

三井住友銀行は前年より約2割少ない1450人の採用する予定。

採用を減らす理由は「これまでの採用増強で一定の人員が確保できたため」としている。

(5月29日 毎日新聞より転記)