TOP > 就活ニュース > 就職活動解禁 内定のピークは「6月上旬」

就職活動解禁 内定のピークは「6月上旬」

2017年春に卒業予定の大学生らに対する企業の採用面接が1日、解禁された。

昨年は8月1日だったが、就職活動の長期化などを招いたことを受け、今年は2か月前倒しされた。

今年は企業の採用意欲が高く、学生側が有利の「売り手市場」が見込まれる。

経団連に加盟する約1300社の大手企業などの多くは、解禁日当日の6月1日に面接を行った。

このため、オフィス街は朝からリクルートスーツ姿の学生が目立った。

就職情報会社ディスコによると、企業が内定・内々定を出し始めるピークは今月上旬とされる。

多くの企業は今後1~2週間に数回の面接を行い、内定者を決めるとみられる。

(6月1日 読売新聞より転記))