TOP > 就活ニュース > 【新卒者就活】解禁当日に約半数が「内定」

【新卒者就活】解禁当日に約半数が「内定」

就職情報会社は10日、来春卒業予定の大学生らの6月1日時点での就職内定率が52.4%だったと発表した。

就職活動に関する経団連の指針では、面接などの採用活動は6月1日解禁としているが、実際には指針を破り、

解禁前から選考が実施されていたようだ。

同社の調査では5月1日時点の内定率が25%で、この1カ月間で急激に上昇した。

昨年6月1日の内定率34.5%より約18ポイント高く、就活が前倒しになっている現状がわかる。

また文系の内定率49%に対し理系は60.1%で、理系学生に対し企業が囲い込みを強めている状況も明らかとなった。

(6月11日 SankeiBizより転記)