TOP > 就活ニュース > 【新卒採用】「短期就活」は大企業のみ

【新卒採用】「短期就活」は大企業のみ

就職情報会社「アイデム」は、2017年度の新卒採用業務担当者1000人を対象に状況を調査し、14日に結果を発表した。

2016年、経団連の指針では「6月1日解禁」と定められていたが、調査では6月より前に内定を出し始めたと答えた企業が42.1%と4割を超えた。

採用活動の終了見込み時期は、「8月末頃まで」が12.5%と最も多かった一方、規模が小さい企業ほど、年内や年度内を見込む企業が多くなった。

大企業では多くの人が予想したとおり「短期決戦」となりそうだが、中小企業では採用活動は長期的となる見込みであることがわかった。

現在の採用活動については、「現在行っている」が62.3%、「既に終了している」が11.7%、「まだ何も行なっていない」が26.0%となった。

内定者が採用予定人数に達しない場合について、それでも「採用基準は下げない」と答えた企業は53.3%、「採用基準を下げてでも人数を充足させる」は24.4%だった。

同調査はインターネットより実施。調査期間は5月1日~5日。

(6月17日 NEW SALTより転記)