TOP > 就活ニュース > 【鳥取】 学生の地元就職増加へ 若手社員が県内の魅力PR

【鳥取】 学生の地元就職増加へ 若手社員が県内の魅力PR

鳥取県は、県内企業に勤める若手社員を「とっとり就活サポーター」に任命した。

就活をしている大学生に県内企業の魅力を直接伝えることにより、同県出身大学生の県内就職を強化するねらいがある。

鳥取県は、県内外の大学、学生寮で年10回程度、学生との交流会を予定しており、その交流会に就活サポーターを派遣。

交流会では、県内在住のサポーターから、なぜ県内企業を選んだか、自らの就活の体験談、県内に就職してみてどうだったか、
通勤事情や休日の過ごし方、子育て環境など、仕事や暮らしにまつわる体験談を話してもらう。

また、交流会に参加した学生の中から、鳥取に対する地元愛があり、県の魅力やPR活動に熱意のある学生を「とっとり応援メッセンジャー」
に任命。

「若者が鳥取県内の企業に就職するためには」をテーマにしたミーティングに参加し、知事と意見交換をしてもらう予定だ。

(6月21日 政治山より転記)