TOP > 就活ニュース > 【鳥取市】 「試験対策不要」の公務員試験を導入

【鳥取市】 「試験対策不要」の公務員試験を導入

鳥栖市は7月13日、公務員試験対策を必要としない職員採用試験を今秋から導入すると発表した。

1次の教養試験をより基礎的な能力を問う内容に変更、新設する3次試験の個人面接で公務員として働く意欲などを重視して判断する。

昨年まで1次の一般教養試験は社会、人文、自然など幅広い分野から出題し、ていたが、受験者の大半は公務員向け予備校などに通って

教養も面接も訓練を受けていた。

今秋からは民間企業が採用している基礎能力や事務処理能力を見る出題に変更する。

面接を重視し、2次試験の作文・面接に加えて、新たに3次試験を設けて30分間の個人面接を行う。

市総務課は「民間志望者も受験可能な試験に変えることで優秀な人材を確保したい」としている。

(7月14日 佐賀新聞より転記)