TOP > 就活ニュース > 求職者8割が「ブラック面接」を経験

求職者8割が「ブラック面接」を経験

就職情報会社「エン・ジャパン」の調査によると、求職者の84%が採用担当者から威圧的な態度を取られる「ブラック面接」を

経験していることがわかった。

具体的な内容としては「タバコを吸いながら面接された」、「親の職業・収入・持ち家の有無についての質問をされた」などの経験談が寄せられた。

こうした「ブラック面接」は、求職者のストレス耐性の有無を調べるために行われる。

一方で、面接をきっかけに「この会社で働きたい」と思ったことがある人は67%いるという結果も得られた。

同社は「面接の場はその会社の人と初めて接点を持つ場。面接官の対応次第で、その会社に対する印象が大きく変わる」と分析している。

本調査はインターネットで実施。転職サイト「エン転職」を利用する2691人が回答した。

調査期間は、4月11日~18日。

(5月23日 ITmediaより転記)