TOP > 就活ニュース > 内定率「80.2%」 前年よりも高く推移

内定率「80.2%」 前年よりも高く推移

就職情報会社「アイデム」が8月1日時点の就職活動状況の調査結果を公表した。

それによると、8月初めの内定率は80.3%で、前年の10月初めの内定率(82.6%)と同程度であることが分かった。

選考解禁の「前倒し」により「短期決戦」の傾向が強くなったことから、前年よりも内定率が高い状態で推移している。

就職活動の開始時期については、回答を得た8割の学生が「大学3年生の3月」が望ましい、と考えていることがわかった。

内定獲得社数は平均2.3社で前月と変わらず、内定獲得者の63.4%が2社以上の内定を獲得した。

また、全体の65.7%「8月1日時点で就職活動を終了した」と回答した学生は、全体の65.7%にのぼった。

調査は2017年3月卒業予定の学生を対象に行い、714人から回答を得た。

調査期間は8月1~3日。

(9月2日 NEWSALTより転記)