TOP > 就活ニュース > 【16年就活】理系・文系で評価わかれる

【16年就活】理系・文系で評価わかれる

就職情報会社のマイナビ(東京・千代田)は9月8日、2017年卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施した「学生就職モニター調査」

の結果を発表した。

就活を表す漢字1字を尋ねたところ、1位は4年連続で「楽」となった。

16年の就活は経団連加盟企業の面接選考解禁は6月1日と前年よりも2カ月早まった。

「楽」を選んだ理由については「(就活が)短い期間だったので非常に楽だった」「様々な人たちと関わることができ楽しかった」

といった声が聞かれた。

文理男女別にみると、理系は男子、女子ともに「楽」が1位だった。

マイナビは「専攻で得た知識や技能を軸にピンポイントで就活したうえ、早い時期に内々定を獲得できたからではないか」と結果を分析している。

一方、文系は男子、文系女子ともに「苦」が1位だっだ。

理系より業種や職種を絞りにくいなか、短期間でエントリーシートの執筆や面接をこなす必要があった。

このような就活を「大変」と感じた学生が多いことから、「苦」が1位に選ばれたとみられる。

調査は8月26~30日にインターネットで実施。1077人から有効回答を得た。就活を示す漢字の2位は「苦」、3位は「疲」だった。

(9月8日 日本経済新聞より転記)