TOP > 就活ニュース > I・Uターン希望者確保へ 福島県が専修、日本工大と協定

I・Uターン希望者確保へ 福島県が専修、日本工大と協定

福島県は9月14日、専修大、日本工大(埼玉県)との協定の締結を発表した。

2大学との協定を、福島県へのI・Uターン希望者の確保につなげたい考えだ。

福島県の飯塚俊二県商工労働部長が両大学を訪れ、専修大の佐々木重人学長、日本工大の竹内貞雄学生支援部長と協定書を交わした。

協定に伴い、県と両大学は、県内企業への就職活動で連携を図る。

県内企業でのインターンシップの受け入れ支援、学内での合同企業説明会などで学生の就職活動を後押しする。

福島県は今年1~2月にかけ、すでに首都圏7大学と同様の協定を締結しており、協定締結大学は9校となった。

県と各大学はこれまで、福島県出身学生の保護者を集めた懇親会の開催、学内には県内企業の紹介コーナーを設置している。

今後は、県内企業の見学会も開催していく予定だ。

(9月15日 福島民友より転記)