TOP > 就活ニュース > 再来年以降の就活 来春までに日程を公表へ

再来年以降の就活 来春までに日程を公表へ

経団連の榊原 定征会長は9月12日、2019年卒業予定者の就職活動について来春までにスケジュールを公表する意向を示した。

就職活動の日程は昨年から2年連続の変更となり、2016年(2017年卒業予定者対象)の就職活動は「3月説明会 6月解禁」となった。

この現行制度については会員企業から「解禁時期を前倒しし、学生が企業を研究する時間を増やすべきだ」との声があがっていた。

しかし、現行よりも就職活動が前倒しとなった場合、学生の学業への影響が懸念される。

経団連は、今後、大学(学生)や有識者らの意見を聞き、再来年以降の日程の検討を進める。

来年(2018年卒業予定者対象)の就職活動については、現行の「3月説明会 6月解禁」を継続することが決定している。

(9月13日 NHKニュースより転記)