TOP > 就活ニュース > 運転手不足解消へ バズ会社が採用イベント開催

運転手不足解消へ バズ会社が採用イベント開催

バス運転手の採用イベントが10月15日、開催された。

近年は、外国人観光客の急増により観光客の移動を支えるツアーバスの運転手の不足が深刻化。

また、現役運転手の半数が50歳以上とドライバーの高齢化がすすんでいることから、こうしたイベントを通じて人材確保を図る。

イベントには、ツアーバスや高速バス、路線バスなどの運転手の採用を希望する23社がブースを出展。

約200人が参加し、会社案内や実務について企業側の説明を熱心に耳を傾けた。

参加者は「今、事故とかも多いですので、安心安全に気を遣っている会社に入社したい」と話していた。

(10月15日 朝日新聞より転記)