TOP > 就活ニュース > 【18年卒者】来年も「売り手市場」継続

【18年卒者】来年も「売り手市場」継続

就職情報会社のディスコが企業に対し、2018年の採用予定状況に関する調査を実施した。

それによると前年に比べて「増える見込み」と回答したのが14・1%で、「減る見込み」(5・6%)の2倍以上になったことがわかった。

具体的には、IT業界やサービス業や流通・商社で「増える見込み」(19・5%)が「減る見込み」(4・3%)を大幅に上回っている。

中堅の金融機関の採用担当者は、「短い広報活動期間のなかでいかに当社の良さを理解して、応募してもらえるかが重要」と話す。

また、同調査には62.8%の企業が「採用数は2017年卒並みの見込み」と回答。

2017年(2018年卒者対象の就職活動)も企業の採用意欲が高い「売り手市場」が継続するとみられる。

(11月23日 産経ニュースより転記)