TOP > 就活ニュース > 【兵庫】甲南大学 3ヵ月の「長期インターン」で学生の就職支援

【兵庫】甲南大学 3ヵ月の「長期インターン」で学生の就職支援

神戸市の甲南大学が、地元だけでなく東京に本社を置く企業にもインターン先を広げている。

9月から東京に本社を置く企業、計9社で、経営学部の学生21人が経営課題に果敢に取り組んでいる。

これは同大学の「ビジネス・プロフェッション・コース」の授業の一環。

3年生のなかで、選抜試験を通過した約20人が履修。経営戦略論や財務分析などを受講する。

その後、学生は3ヵ月の長期インターンに臨む。

インターン中は学生は毎週土曜、大学に集まって状況報告し、担当教授からアドバイスを受ける。

東京でインターンをしている学生はテレビ会議で現状を報告する。

経営学部の担当教授は、「在学中から実際の仕事や東京の企業に触れて生活することで、就活の選択肢を増やしてほしい」

と今後も学生の受け入れ先の企業を開拓する方針。

2016年から就職活動の日程が前倒しされたことを受け、インターンシップに注力する企業も増えている。

(11月24日 神戸新聞NEXTより転記)