TOP > 就活ニュース > 川崎市で就職フェア 製造業など20社集結

川崎市で就職フェア 製造業など20社集結

神奈川県川崎市の武蔵小杉のユニオンビルで2月28日、「就職フェスタ2017」が開催される。

同イベントは、川崎中原工場協会のメンバーの中小企業の5人の若手経営者が中心となり企画。

当日は、市内の20社の参加企業による企業紹介のプレゼンテーション、経営者とのグループトーク、フリー交流会などを予定。

近年は、学生優位の「売り手市場」になっており、都心への就職を希望する学生が増えている。

フェスタを通じて、地元で働く人材の確保を目指す。

主催者は「市内には、世界レベルの技術を持っている企業が多い。その技術を地元の若者たちに継承するためにも

地元の雇用を創出したい。まずは学生たちと同じ目線で対話することから始めたい」と話す。

参加無料で、定員制限あり。(100名)

イベントの詳細、申込みは「就職フェスタ2017」のオフィシャルサイトから。

(1月26日 川崎経済新聞より転記)