TOP > 就活のポイント > 会社説明会に参加する

就活のポイント

会社説明会に参加する

会社説明会の種類は3つ

大学3年生の3月から、会社説明会が始まる。
エントリーシートが「あなたから会社へのプレゼンテーション」とすれば、会社説明会は「会社からあなたへのプレゼンテーション」。企業の考え方や事業方針など、採用担当者の生の声に接することができる。何より企業の雰囲気に直接ふれることのできる重要な機会だ(とくに企業本社で説明会が行われる場合)。

check!

会社説明会の種類は、およそ3つ。

  • 1社単独

    企業が1社単独で行うもの。
    本社または他の会場で開催される。

  • 合同企業説明会

    業種問わず複数の企業が集まって合同で行うもの。
    「合同企業説明会」などの名目で、新聞社や就職関連企業などが主催し、比較的大きな会場で企業ブースを設けて開催される。合同説明会は都道府県など地域単位で行われるものが多く、地元就職・Uターン・Iターン・Jターンなどの学生が対象となる。

  • 業界研究セミナー

    特定の業界の企業が合同で行うもの。
    「業界研究セミナー」などの名称で開かれることが多い。業界全体に関するレクチャーもあり、文字どおり業界研究の場として活用できる。

情報の集め方、予約の取り方

3年生の3月からラッシュのように会社説明会が開かれる。
就職サイト、企業ホームページ、就職雑誌、大学のキャリアセンター(就職課)など、情報源をチェックしよう。合同説明会に関する情報は、新聞(日経・朝日・読売・毎日および地方紙など)でも報じられる。
情報を整理し、効率よく会社説明会に参加できるよう計画を立てよう。
会社説明会の多くが定員制で、事前予約が必要。
確実に予約を取ろう。とくに志望企業の説明会への参加は欠かせない。
予約申し込みは、インターネットや電話で。人気企業では定員満了、受付締め切りも早い。情報収集と予約獲得にはあらゆる手段を用いるくらいの気持ちで望もう。
説明会当日は遅刻厳禁。時間にゆとりをもって、持ち物を整理し、早めに会場へ向かおう。

「単独」と「合同」への対応

1社単独・多業種合同・業界合同の3つの種類のうち、数でいえば(個々の企業が行うのだから当然だが)単独の会社説明会が最も多い。単独の説明会の場合、筆記試験や面接が行われることがある。「説明を聞きに行く」受け身の姿勢ではなく、筆記試験対策、面接対策を整えたうえで説明会に望む必要がある。
多業種合同説明会(いわゆる合同説明会)は、企業研究・企業選びの重要な機会となる。採用担当者と直接、話を交わすこともできる。中小企業などでは社長自ら説明会に出て、学生と接することもある。とくに新進企業で若い社長などの場合、企業PRも兼ねて社長自身が出席する傾向がある。
合同説明会は広い会場で開催されることが多く、参加企業も、来場する学生も多い。いわば企業見本市のように、学生がブースを回るスタイルだ。目当ての業界・企業などを定め、時間の配分を考え、効率よくブースを回る必要がある。明確な目的もなく、漫然と参加すると、ただの見学で終わってしまう。
ただし、「合同説明会をきっかけに自分のやりたい仕事が見つかった」「目的を絞り込まず、できるだけ多くのブースを回ったほうがよい」という見解もある。
自分自身の就活スタイルとそれぞれの説明会の趣旨・目的を見定めて参加しよう。
なお、合同説明会の出席を個別説明会の条件としている企業もあるので注意しよう。

説明会は互いにチェックする場

会社説明会は、学生側が企業をチェックする場だ。
単独でも合同でも、企業の体質や社風は、説明会の運営や進行などに自ずと現れる。採用担当者など社員の態度・言葉づかい・身だしなみなどを観察しよう。
会社説明会は企業PRの場でもあり、ポジティブな面が強調される。プレゼンテーションの内容をうのみにしない心がまえも必要だ。また、企業は多種多様な人間の集まり。担当者の印象だけで企業を判断してしまうのも早計だ。
一方、会社説明会は、企業側が学生をチェックする場でもある。学生が企業を観察するのと同様、鏡のように、企業も学生を観察している。
面接まで進めば、担当者と再びまみえることになる。説明会の時点から、担当者に顔を覚えてもらい、好印象を与えたい。会場ではできるだけ前に陣取り、質問を促されたら、積極的に手を挙げ、質問のマナー(待遇・残業・配属先などの質問はしないなど)を守り、はきはきと発言する。説明会はプレ面接という意識で参加しよう。
なお、説明会では必ずメモを取り、就活ノートにまとめること。メモの整理はできるだけ早めに。「エビングハウスの忘却曲線」という指標がある。「人は見たり聞いたりしたことを1時間後に56%、1日後に74%忘れる」という。

会社訪問におけるマナー

単独の会社説明会(およびOB・OG訪問、面接など)で会社訪問するときは、身だしなみに注意。濃紺・グレー・黒(女性の場合)などのスーツで、清潔に。女性はナチュラルメイク、基本的にアクセサリーなし(目立たないピアス程度は許容範囲)。持ち物の書類はフォルダーなどに入れて整理し、バッグへ。
また、個別に会社訪問するときのマナーとして、応接室にソファと一人用イスがあるときは、ソファが上座、一人用イスが下座などの不文律がある。
市販のマナーブックなどを参考に「社会常識」とともに「相手への尊敬と思いやり」をもったマナーを心がけよう。