TOP > 自己PRの書き方 > 派遣会社

派遣会社

人材派遣業の社会的な意義は、就業を希望する人々に
働く場を提供できることです。就職難の現在、
その存在価値はますます大きくなり、
ハローワークによる公的な就職斡旋事業を補完するものという
評価は当たらないほど、社会的に重要な存在となっています。

派遣会社の自己PRの例

私は、高校時代に生徒会役員として学園祭の実行委員を
勤めたことがあります。
そのとき、展示・イベントの部屋割りやスケジュールで
参加グループ間のトラブルが多発し、調整にとても苦労しました。
また、大学生になってからも、
同好会のイベントや合宿のたびにメンバーの意見の食い違いがあり、
その仲裁役をしなければなりませんでした。このような経験から、
私は、人と人との間を取り持つためには、
両者の希望や主張を十分に聞くことがまず必要だということを学びました。
人材派遣業におきましても、求人側と求職側、
両方の希望をしっかりと聞いて理解することが大変重要なことで
あろうと考えています。クライアント様と派遣社員志望の方の
希望条件や諸事情を十分に把握し、どちらにも満足していただける
派遣業務を実践していきたいと思っております。
聞き上手に徹してがんばる所存ですので、
なにとぞよろしくお願いいたします。