TOP > 自己PRの書き方 > コンビニ店長

コンビニ店長

コンビニ店長は、アルバイトのような非正規雇用の従業員とは異なり、
正規雇用の店長としてオーナーから店舗運営を一任されます。
従って、オーナーは、店長に対して、信頼できる人物であるとともに、
店を繁盛させてくれる優秀な人物を期待するはずです。

コンビニ店長の自己PRの例

私は、東京で大学に通いながら、丸3年にわたって□□□□○○○店にアルバイトとして勤務し、
大学卒業と同時に、ご理解あるオーナーご夫妻の計らいにより正社員の副店長として採用され、
以来さらに3年間、店長の奥様に代わって店舗の運営に当たってきました。
ご夫妻には、就職の内定を得られず苦境に立たされていた私に就職の機会を与えて下さり、
大変恩義を感じておりますが、この度、都合により家族の元に戻ることとなり、
長年お世話になった□□□□西参道店の副店長職を辞職してまいりました。
貴店は、□□□□の最大のライバルチェーンであり、フランチャイズシステムの相違点も少なくないと思います。
しかし、顧客満足を第一とし、商品開発力が群を抜いていること、
接客・店舗運営・従業員管理などのシステムマニュアルが優れていることなど、
共通点は多いと思いますので、6年間の□□□□勤務の経験と教訓を活かして、
貴店の益々のご発展に役立ちたいと願っております。店長職1年生として初心に帰り、
誠心誠意、商売繁盛のための努力を惜しまぬ覚悟です。なにとぞよろしくお願いいたします。