TOP > 自己PRの書き方 > コンビニ店員

コンビニ店員

コンビニエンスストアは、人口が密集している地域ほど競争がきびしく、
狭いエリアに競合各社の店舗がひしめき、同一チェーンの
店舗が2店出店している場合もあります。
利用客にとって選択肢が多いことは良いことですが、
実際には、大多数の客はひいきの店が固定しており、
その近くに別のコンビニがあっても利用することは
ほとんどないようです。

コンビニ店員の自己PRの例

私は、学生時代に同じ□□□□のお店でアルバイトをしたことがあり、
そのときに接客の大切さや楽しさを知りました。
また、その経験から、貴店で勤務することになりましたら、特に次のことに気を付けて接客したいと思います。
まず、お客様が来店されたら、かならず明るい大きな声で「いらっしゃいませ」と挨拶します。
お客様と言葉を交わすときには、いつも笑みを忘れずに、お客様の目を見て応対します。
馴染みのお客様や知り合いの人と馴れ馴れしくしたり、雑談をしたりしないように心掛け、
他のお客様と同じように応対します。苦情を訴えられたお客様には、まず「申し訳ありません」と謝罪し、
丁寧にお話を伺います。以上のことは、学生のときの経験や失敗から学んだことです。
すべてのお客様に気持ち良くお買い物をしていただけるよう、心を込めて接客するように心掛けます。