TOP > 自己PRの書き方 > 食品会社

食品会社

営業現場を経験した後、希望部門や適任と判断された
職場へ異動となるケースが考えられます。
食品会社にも、経理や製品開発などの専門職のほか、
商品企画、マーケティング、宣伝販促など、多くの部門があります。

食品会社の自己PRの例

子供のころから貴社のチョコレートの大ファンでした。
それは、今も変わっていません。
母も同様で、いまだにチョコレートにはこだわりがあり、
学生時代に好きだった男性からプレゼントされた
バレンタインチョコのことを自慢します。
一粒のチョコレートには、人の心を幸せで満たしてくれる力が
詰まっているみたいです。私は、洋菓子の王様であるチョコレートの製品開発を
自分のライフワークにしたいと思い、貴社を志望いたしました。
大学の学部学科の選択も、そのためでした。
菓子作りを極めるためには、
その基本として食品栄養学の知識も不可欠だと考えたからです。
また、さらにさかのぼって、高校時代にもチョコレートのことを
研究していました。
当時の素朴な疑問であった、貴社を始めとする大手メーカーのチョコレートと、
いわゆる老舗の高級店のチョコレートとの
違いは何か、という課題に挑戦していたのです。
私は、今後もチョコレートと真剣に向き合っていく所存です。
なにとぞよろしくお願いいたします。