TOP > 自己PRの書き方 > 雑誌編集者

雑誌編集者

編集者の採用状況は、大手出版社と中小出版社・編集プロダクションなど
とでは大きく異なります。特に、雑誌編集者の新卒採用を行っているのは
ほとんど大手出版社に限られていて、人気職種であるだけに大変に
狭き門であり、大半の志望者が書類選考で落とされます。
従って、自己PRの内容が最初の関門をクリアするための重要な
鍵となるでしょう。

雑誌編集者の自己PRの例

「週刊□□」や「○○○デー」における揺るぎのない事件報道と
疑惑追及の姿勢に対し、私は深い共感を覚えます。
スクープ記事に秀でた有力誌は多々ありますが、
貴社の週刊誌における真実重視と勇気ある報道の姿勢には
憧憬の念さえ抱いてまいりました。私がこれまでに最も感銘を受けた記事は、
「週刊□□」の「○○○に乗っ取られた○○の真実」です。
この記事に対して起こされた訴訟では残念ながら
貴社の敗訴が確定いたしましたが、
そのリスクをも恐れずに事実を暴露した貴誌の姿勢には、
学生の私も勇気づけられる思いがいたしました。
多くの優れた記事を世に問われた諸先輩方から学び、
社会的に意義のある週刊誌編集に参加できる機会を、
どうぞ私にお与えください。よろしくお願いいたします。