TOP > 自己PRの書き方 > 仕入れ・バイヤー(アパレル)

仕入れ・バイヤー(アパレル)

アパレル業界のバイヤーは、売れる商品を見極めることのできる
センスや知識と、商品を値踏みして仕入れ値を決めることのできる
判断力・交渉力が必要とされます。優秀なバイヤーであるためには
経験を積まなければなりませんが、とりあえずファッションや
流通の最新情報に敏感であることが重要です。

仕入れ・バイヤー(アパレル)の自己PRの例

高校時代までの私は、可愛いファッションアイテムのコレクターに
過ぎませんでしたが、大学の経営学のゼミでアパレル業界をテーマとしてその詳細を学ぶに及び、
意識は180度方向転換して、ファッションの流行を仕掛けることに関心を持つようになりました。
それ以来、電車の中での読み物は繊研新聞へと変わり、
PCのデスクトップにはアパレルメーカーのショートカットアイコンがvずらりと並んでいます。
また、都内で開催されるファッションイベントも、メーカーや各種情報ページでこまめにチェックし、
足繁く通うようになりました。私は、貴社の人気ブランド□□□□のアイテムを愛用させてもっています。
親愛なる貴社の社員となる夢を実現し、バイヤーとして新しいヒット商品の開発に当たらせていただきたいと思い、
応募させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。