TOP > 志望動機の書き方・例文 > 職種 > アナウンサー

アナウンサー 志望動機の書き方・例文

アナウンサーの志望動機の書き方と例文

アナウンサーはただニュースを読み上げるだけではなく、視聴者にニュースの内容を分かりやすく伝えるため、抑揚のつけ方や話すスピードを工夫しています。ニュースの読み上げ以外にも、番組の雰囲気作りや、進行のサポートも仕事のうちです。

 アナウンサーの発信した内容は、視聴者に大きな影響を与え、時には社会現象となることもあるほど世間を動かす可能性があるという部分にやりがいも感じられます。 

アナウンサーのトレンド

アナウンサーには大きく2つのトレンドがあります。

まず1つ目は、フリーへ転身するアナウンサーが急増していることです。今までのアナウンサーの働き方は、テレビ局やラジオ局に所属し、その局で働くことが一般的でした。

局アナウンサーは収入や仕事が局によって保証されているため、安定していましたが、逆を言えば一定の収入しか得られないということです。

そこで、自分の力次第では局アナ時代よりも稼ぐことができるフリーアナウンサーに転身する人が増えたのです。

2つ目のトレンドは、アナウンサーに働き方改革の動きが広まっていることです。

今までのアナウンサーは、生放送での出演が多いことから、多少体調が悪くても簡単に休みを取ることはできませんでした。

しかし、無理がたたり体調や精神に不調をきたすアナウンサーが増えてきてしまい、最近ではこのようなブラック体制を変えようとする動きが強まっています。

例えば、テレビ東京は「キャスターの働き方改革を進める」という方針を打ち出していますし、TV番組でも「〇〇アナは夏休みのため〇〇までお休みです」というアナウンスはよく見られる光景になっています。

このように、アナウンサー業界にも働き方改革の動きは広まってきていて、より働きやすい職場となっていくことが期待されます。

アナウンサーであると便利な資格

アナウンサーになるために、必ず取得しなければならない資格はありませんが、取得しておくと就職において便利になったり、仕事で役に立ったりする資格はあります。どのような資格がアナウンサーにとって便利なのか紹介するので、チェックしてみてください。

アナウンス検定

アナウンス検定はNPO法人である日本話しことば協会が主催している検定で、誰でも受験できます。

1級から3級までの階級があり、1級に合格すると「アナウンサー・司会者・俳優など、音声言語の表現者としてプロフェッショナルな能力を証明できる」とされています。

アナウンサーになるために必ず必要な資格ではありませんが、資格を取得することでアナウンサーとして働けるだけの力があるという証明ができるので、取っておいて損はありません。

漢字検定

アナウンサーは原稿を読み上げる仕事です。当然原稿には多くの漢字があるので、それらをスラスラと読めることもアナウンサーとして大切な能力です。アナウンサーの試験に必ずある原稿読みでも役に立つので、漢字検定の資格を取得しておくと良いでしょう。

漢字検定は公益財団法人である日本漢字能力検定協会が主催している検定で、1級から10級までレベルが分かれています。アナウンサーを目指すのであれば、高校卒業・大学・一般程度の人が受けるのにふさわしいとされる、2級以上の取得を目指しましょう。

英検・TOEIC

アナウンサーは日本語だけでなく、多国語も習得しておくことで仕事の幅が広がるので、英検やTOEICの資格も取得しておきたいところです。

英語を話せるようになれば、外国人相手でも自力で取材をすることが可能なので、他のアナウンサーとの仕事の差別化をはかることもできます。

アナウンサーの仕事内容

アナウンサーはニュースの読み上げが主な仕事ではありますが、それ以外に番組の司会などを務めることもあります。また局アナウンサーとフリーアナウンサーは仕事内容にやや違いがあり、局アナウンサーは時に取材やデスクワークなどを任されることもあります。

局アナウンサーはその点で、自身で仕事を選べるフリーアナウンサーより業務が多く大変です。一方で、フリーアナウンサーは自由な分、収入が局アナウンサーのように安定はしませんので、どちらも特徴は一長一短です。

ニュース

ニュース番組で原稿を読み上げる仕事はアナウンサーの主な仕事のひとつですが、書かれていることをただそのまま棒読みで読み上げているだけでは、視聴者にニュース内容がしっかりと伝わりません。

そのためアナウンサーは、原稿を読む上で、どの部分がニュースの肝であり、強調するべきかを考えながら読む必要があります。

バラエティー番組の司会

バラエティー番組の司会もアナウンサーの仕事です。出演者のコメントをまとめ視聴者に分かりやすくしたり、時間に合わせて番組が進行するようにサポートしたりします。

番組の司会では、大まかな進行表はあるものの、アドリブで対応しなければならない場面も多いので、頭の回転の速さが求められます。

イベントの進行

イベントでの司会や進行役を務めることもあります。この仕事もバラエティー番組の司会と同じく、とっさの判断で発言することが多いので、上手に務めるためには、柔軟な思考と頭の回転の速さが必要です。

ナレーション

アナウンサーの仕事には番組でのナレーションもあります。ニュースと同じく、ただ棒読みするだけでは視聴者に内容が伝わりにくいため、臨場感が出るように抑揚をつけるなど、原稿の読み方には工夫が必要です。

取材

アナウンサーは時に自ら取材も行います。視聴者が何を知りたいのか、どうすれば番組の満足度を高められるのかを考えて取材内容を決めます。

取材まで任されると仕事量は増えますが、より番組に関わる仕事もこなすことで、やりがいを感じられるでしょう。

アナウンサーの志望動機の書き方とポイント

志望動機を書く際は、なぜアナウンサーを選んだのか、アナウンサーの中でもなぜその局を選んだのかを明確にし、ロジカルにアピールできるようにしましょう。

なぜその職種か

なぜアナウンサーという仕事に就きたいと思ったのか、その理由を分かりやすく記載していきましょう。例えば、アナウンサーに興味を持ったエピソードなどを述べると良いでしょう。

また、どんなアナウンサーになりたいかは、志望動機を書く前にある程度考えておきましょう。

アナウンサーでアピールすべき強み

アナウンサーは活躍する場がテレビやラジオなど、不特定多数の人々の目や耳に触れる場所です。そのため視聴者にポジティブな印象を与えられるよう、基本的に明るい性格であることが望まれ、アピールポイントにもなります。

アナウンサーはニュース内容を読者に分かりやすく伝えるため、活舌の良さは必須です。早口言葉の練習で鍛えておきましょう。

また、アナウンサーはあくまで視聴者に情報を伝えることが仕事です。例えば悲惨な事件のニュースなど悲しいニュースでも、感情をあらわにして読み上げるのは仕事としてNGです。そのニュースを読み上げたら、次に読み上げるべき別のニュースが控えています。

そのため、どんなに辛い内容のニュースでもしっかり読み上げ、次のニュースに移ったら次のニュースに集中する強い精神力が必要といえます。

なぜその企業か

一口にアナウンサーと言っても、勤め先の特徴によって働き方は異なります。

例えば、テレビ局やラジオ局でいえば、地方の局と都市部にある全国向けの局があり、地方の局では人手が不足していることが多く、取材や原稿の編集などまで任されることもあります。

仕事は大変ですが、その分やりがいを感じられます。また地元に密着した番組が多く、その地方の魅力を伝えたい気持ちがあるなら、地方局が向いているといえます。

一方、都市部の局では全国向けの番組を制作、放送するため、視聴者への影響力も大きくなりプレッシャーがかかりやすいといえます。しかし、収入は地方局に比べると良く、影響力が大きい分、自身がトレンドを起こすこともあるなどのメリットもあります。

志望動機でその局を選んだ理由を書く際は、その局の特徴に触れた内容にしましょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機を一言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

アナウンサーの志望動機のNG例

以下ではアナウンサーの志望動機のNG例を紹介します。
どこがNGなのかについても解説しているので、チェックしてみてください。

志望動機のNG例
私は、ゆくゆくはタレント活動などもしたいので、アナウンサーを志しました。学生時代に、学校の美女コンテストで上位入賞した経験もあります。

貴社は、わたしが幼少期から慣れ親しんでいるテレビ局であり、地域に密着した番組を多く制作していることで、地元の人から人気が高いと感じています。そのため、地方の局がなくなっていく中でも、貴社ならば長く勤められるだろうと思い、志望しました。

→アナウンサーを志した理由が、まるでタレント活動のためのステップにしか感じられず、好印象ではありません。確かにアナウンサーからタレントへ転身する人は増えてはいますが、タレントになることを前提としてアナウンサーを志すと記載するのはNGです。

またその局の特徴を述べる部分は良いですが、志望した理由が「長く勤められそう」と給与面を重視しており、リンクしていないため説得力の弱い志望動機となってしまっています。

アナウンサーの志望動機の例文

アナウンサーの志望動機の例文とポイントを紹介しますので、自身の面接やESに活用してください。

志望動機の良い例
私がアナウンサーを志した理由は、学生時代、登校前に見ていたニュース番組で、人々に元気を与えてくれるアナウンサーに強い憧れを持ったからです。そんな憧れから、学生時代は放送部に所属し、自身で企画、取材した大学でのニュースを発表し、アナウンサーとして必要なスキルを磨きました。

貴社は、わたしが幼少期から慣れ親しんでいるテレビ局であり、地域に密着した番組を多く制作していることで、地元の人から人気が高いと感じており、志望しました。

入社後は学生時代の経験を活かし、大好きなこの土地の魅力を発信し、地域の発展に貢献したいと思います。

→アナウンサーを志した理由と、アナウンサーになるために努力した活動が分かるエピソードです。

また、その局の特徴と入社後に成し遂げたいことがリンクしているので説得力が高く、熱意を感じられる志望動機となっています。

まとめ

アナウンサーの仕事はただニュースを読むだけではありません。ニュースを聞いた視聴者に大きな影響を与える仕事なので、責任感とやりがいが伴います。

アナウンサーの仕事内容は局によって異なるため、必ず企業研究を必ず行った上で志望動機を書くようにしましょう。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活