アパレルの志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

アパレル

アパレル業界のバイヤーは、売れる商品を見極めることの
できるセンスや知識と、商品を値踏みして仕入れ値を決めることの
できる判断力と交渉力が必要とされます。アパレル業界バイヤーの
志望動機としては、業界またはそのバイヤーという職種を選んだ理由や、
希望するアパレル企業を選択した理由を書き、仕事への熱意やこだわり、
行動力などの適性を自己PRとしてアピールしましょう。

アパレルの志望動機の例

私は、高校時代までは可愛いファッションアイテムのコレクターに
過ぎませんでしたが、大学の経営学のゼミでアパレル業界を
テーマとしてその詳細を学ぶに及び、意識は180度方向転換して、
ファッションの流行を仕掛けることに関心を持つようになりました。
私は、貴社の人気ブランド□□□□のアイテムを愛用させて
もっていますが、親愛なる貴社の社員となる夢を実現し、
バイヤーとして新しいヒット商品の開発に当たらせて
いただきたいと思い、応募させていただきました。
なにとぞよろしくお願いいたします。