調理師の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

調理師

調理師となる道はさまざまにありますが、ここでは、
現在主流になっていると思われる調理師専門学校を終了して
調理師免許を取得した人、調理師免許は、プロの料理人としての
国家認定を受けた証ですが、一人前のシェフや板前としてひとり立ちする
道程の第一歩を踏み出したに過ぎません。
たとえ不確実な希望であったとしても、はっきりとした
将来ビジョンを描けることは、自分自身の確かな意志の表明であり、
先方からの信頼につながります。

調理師の志望動機の例

私の目標は、どこかの美しい町で、ミシュランの三ツ星レストランと
評価される店をオープンすることです。目標をめざすための第一歩は、
尊敬するシェフとたくさんの優秀な先輩方がいらっしゃる
貴店にてしっかりと踏み出さなければと思い応募させていただきました。