エンジニアの志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

エンジニア

ここで言うエンジニアとは、エンジニアリング(工学)の
領域における専門的な技術・知識をもつ技術者のことです。
エンジニアはつねに最新の技術や研究成果に関心を持ち、
世界の技術開発の動向に目を光らせていなければなりません。
その企業が最新技術の導入やその開発に熱心であることなどを
会社選択の理由とし、併せて、自らも会社の発展に貢献できるよう
最新の技術情報に敏感でありたいとするPRを主張しましょう。
ただし、あくまでも会社の発展が最優先であり、
会社に従って自らも進化するという構図である点に注意してください。

エンジニアの志望動機の例

先年の世界水フォーラムにおいて貴社が公表された□□□□逆浸透膜の
優秀さに驚愕し、以来貴社の動向に深い関心を持ってまいりました。
そして昨年末、□□□□プロジェクトの発表を聞くに及び、
ぜひ私も当該プロジェクトの研究員として開発に
与らせていただきたいと思い、応募いたしました。
これまでに得られた知見をもって、
貴社の開発グループの末席に
お加えいただけましたら幸いと存じます。