TOP > 志望動機の書き方・例文 > 職種 > 芸能マネージャー

芸能マネージャー 志望動機の書き方・例文

芸能マネージャーの志望動機の書き方と例文

芸能マネージャーは、芸能人をメディアに出る人間に育てる仕事です。「メディアに出る人間」はイメージ管理が重要になります。

世間の人は、対象の芸能人を見て、ファッションや考え方、立ち振る舞いなど大きな影響を受ける場合もあります。そのため、 芸能マネージャーは仕事を通して社会に大きな変化を与える影響力のある仕事でもあるのです。 

芸能マネージャーの2つのトピックス

芸能マネージャーの仕事では、現在2つのトピックスが話題になっています。

1つ目は、Webでのプロモーションが重要になってくることです。以前はテレビCMや雑誌、街中に掲示されている広告などによって、芸能活動をプロモーションするのが一般的でした。

しかし、最近はインターネット上の様々な媒体を通して、芸能活動がアピールできるようになったため、Webプロモーションが重要視されるようになっています。

そのため、芸能マネージャーとして採用されるためには、PCスキルはもちろん、Webでのプロモーション能力があることをアピールできると有利でしょう。

2つ目は、ミュージシャンや芸人、Youtuberといった、個人的マネジメントが求められるようになることです。

以前は芸能事務所に所属している芸能人を中心に、芸能マネージャーが活動をアシストしていました。しかし、最近は芸能事務所に所属していなくても、個人として活躍できる芸能人が増えており、個人的にマネージャーを採用する人も増えているのです。

そのため、今後は働く場所や所属している組織に関わらず、芸能マネージャーとしての活動の場が広がっていくと言われています。

芸能マネージャーで得られるスキル

芸能マネージャーとして働くと、芸能人忙しい活動を支えるだけで、身につくものが少ないと思うかもしれません。しかし、仕事を通して調整力や交渉力を身につけられるため、ヒューマンスキルの高い人間へと成長できるのです。

ここからは、芸能マネージャーで得られるスキルについて、詳しく説明します。

調整力

多忙な芸能人になるほど、スケジュール管理者や関係者との調整、芸能人が予定通りに動けているかなど、幅広い視点で活動を調整していかなければなりません。

毎日これらの調整を繰り返していくことで、綿密なスケジュールをスムーズにこなせるようになり、結果的にマネージャーとしてのスキルを高められることにつながるのです。

交渉力

芸能人としての魅力や価値の高さを伝え、それに見合った報酬を受け取るためには、関係者と上手く交渉していく力が必要になります。

ギャラはいくらもらえるのか、どのような仕事を受けるのか、仕事における役割や設定をどのように決めるのかといった内容について、できるだけ有利な立ち位置を獲得できるようにするのも、マネージャー能力によって大きく変わるのです。

たくさんの交渉経験で培った能力は、厳しい芸能業界で生き抜いていくために必ず役に立つでしょう。

芸能マネージャーの仕事内容

芸能マネージャーの仕事内容を知っておくことは、採用後の働き方をイメージしながら志望動機を書くために重要です。

ここからは、芸能マネージャーの仕事内容について、詳しく説明します。

スケジュール管理

多忙な芸能人であるほど、一日に複数の案件が入るため、綿密なスケジュール管理が大切になります。現場への移動時間や移動方法などにも配慮し、場合によっては送迎サポートをすることもあるでしょう。

また、芸能活動がスムーズに進むように、各関係者と連絡調整しながら、芸能人の体調管理にも気を配る必要があります。

それによって、より多くのメディアに露出できるようになり、その芸能人の知名度もアップしていくのです。

営業活動

1つの案件が長期間続くことはあまり無いため、各方面へ営業活動をして仕事を獲得するのも、芸能マネージャーの役割です。

仕事が決まったとしても、報酬によっては条件が悪くなってしまうため、相手と上手く交渉する能力も求められます。

イメージ管理やメンタルケア

世間の人々から担当する芸能人に印象を良く持ってもらうことは、今後の芸能活動を円滑に進めていくために重要になります。

そのために、芸能マネージャーは受ける仕事の種類を選んだり、担当する芸能人本人の言動をチェックして、必要に応じて助言を与える役割も持っているのです。

また、浮き沈みの激しい芸能界でうまく成果が出せず、担当する芸能人が落ち込んでしまう場合もあります。受注している仕事の件数や本人の体調、意欲を総合的に考えながら、メンタルを整えて芸能活動を続けていけるようサポートするのも、芸能マネージャーの大切な仕事です。

芸能マネージャーの志望動機の書き方とポイント

芸能マネージャーになるために志望動機を書く際は、芸能マネージャーを目指すようになった理由は何か、芸能マネージャーとしてどのような強みを活かせるのかを、具体的に書くことが大切です。

なぜその職種か

芸能マネージャーの志望動機を書く場合、そもそもなぜその職種を選んだのかを、はっきりと書いておくことが大切です。

「人の仕事を陰で支えるのが好きだから」や「社会をエンターテイメントで明るくする手伝いがしたいから」といった具体的な内容を書き、だから芸能マネージャーの仕事を選んだという流れにすると良いでしょう。

芸能マネージャーでアピールすべき強み

芸能マネージャーで持っていると強みになるのは、どんなポイントでしょうか?

1つ目は、社会人としてのマナーです。約束の時間を守る、敬語やきちんとした日本語を使える、礼儀をわきまえているという社会人としてのマナーが自然と身についていることは、売り込むタレントのイメージを良くすることにもつながるため、強みといえます。

2つ目は、コミュニケーション能力です。さまざまな立場の人とコミュニケーションをうまくとることに加え、仕事内容をタレントの能力に合わせて交渉することができるマネージャーはとても有能だといえます。

3つ目は、スケジュール管理能力です。タレントのスケジュールを管理する立場のマネージャーが自己管理能力が低いと、仕事にならないどころか会社にとって多大な損害を出してしまうことにもなりかねません。

芸能マネージャーの志望動機を書く際、採用された後にどのような強みを仕事に活かせるのか、という内容を記載すると、採用担当者の印象に残りやすい文章が作れます。

具体的には、「学生時代のマネージャーの経験から、細やかなスケジュール管理ができる」や「イベントの実行委員をしたことがあり、高いコミュニケーション能力や協調性を持っている」といった内容が書かれていると良いでしょう。

なぜその企業か

芸能マネージャーを募集している企業はたくさんありますが、なぜその企業を志望したのかという、志望するに至った具体的な理由が記載できていると、より採用されやすいESが仕上がります。

例えば、株式会社アミューズでは「Amuse Your Moment ~世界を彩る「明日」を創れ~」という企業理念を掲げています。「スムーズな芸能活動を支えることによって、世界中に明るい未来を届けたい」といった内容が志望動機に反映されていると、印象に残りやすいESになるでしょう。

このように、応募する企業ごとに事業の方針や求めている人材が異なるため、企業研究を行った上で企業ごとの特徴を把握しておきましょう。

実際に書く際は以下のフレームワークに沿って書いてみてください。

■志望動機の構成例
(1)志望動機を一言で
(2)背景・動機
(3)その会社を選んだ理由
(4)入社後どの様に活躍したいか

 \就活の不安や悩みがあるなら/

 

芸能マネージャーの志望動機のNG例

芸能マネージャーの志望動機として、NGな例を紹介します。
この例文を参考にすることで、採用担当者にマイナスな印象を与えないように気をつけましょう。

志望動機のNG例
私は芸能活動をしている人に、最高のパフォーマンスをしてもらい、多くの人に喜びを届けたいと考え、貴社を志望しました。

貴社に所属しているアーティストのファンでもあり、その方の所属している事務所の活動に貢献できればと思っております。

学生時代のマネージャー経験を活かし、きめ細やかなスケジュール管理を行うことで、気持ちよく芸能活動を進めてもらいたいと考えています。

→芸能マネージャーとして、将来的にどのようになりたいのかという夢や目標が記載されていないため、採用した後の将来性が感じられない志望動機になっています。

芸能マネージャーの志望動機の例文

芸能マネージャーとして採用されやすい文章を書くためには、魅力的な志望動機の例文を見ておくと良いでしょう。

志望動機のNG例
私は、小さい頃から音楽が好きで、アーティストをサポートできる仕事をしたいと思ったため、芸能マネージャーを目指すようになりました。

大学時代はライブハウスでアルバイトをしており、たくさんのアーティストが最大限に力を発揮して気持ちよく演奏できるよう、スケジュール管理に取り組んでいました。

その経験を活かして、芸能マネージャーになってからも、芸能人のスムーズな活動をサポートしていきたいと考えています。

将来的には、芸能人が演奏する音楽を世界中に広めて、地球上の多くの人々にアーティストや音楽の魅力を認知してもらえるような仕事がしたいと思っています。

→芸能マネージャーを目指すようになった理由や、将来の夢が具体的に書かれているため、印象に残りやすい志望動機になっています。

音楽活動をメインにしている芸能事務所はたくさんあるため、なぜその企業を選んだのかという理由が書けると、さらに魅力的なESになるでしょう。

まとめ

芸能人と言っても、俳優や音楽家など活動の種類は多岐にわたります。そのため、どのような活動をしている芸能人のマネージャーになりたいかによって、志望する職場が変わってくるのです。

芸能マネージャーの求人先ごとの特徴や違いをしっかりと研究した上で、あなたの魅力がしっかり伝わる志望動機が書けるようになっておきましょう。

就活の不安・悩みはプロに相談

ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。

それでも、「自分の就活はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。

そんな時は、ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。

就活でモヤモヤしている方は、少しでも早くその悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。

 ↓就活相談はこちらから↓ 

【期間限定】WEB面談開催中!
2021年卒 新規無料会員登録

  • 第二新卒エージェントneo
  • unistyle
  • 食品就活
  • 金融就活
  • IT就活