保育士の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

保育士

保育士の志望動機や志望理由には、必ず自分が子供好きであることを
明記しましょう。未経験の人が想像する以上に体力を使う仕事です。
健康や体力に自信がある人は、そのこともはっきりとアピール
することが大事です。保育実習での失敗は、返って良い経験に
なったという風にプラス思考で考え、自分のやる気をアピールしてください。

保育士の志望動機の例

私は高校生のときに小さな甥や姪の遊び相手をすることが
とても楽しかったので、進路を決めるときには、ためらわずに
短大の保育学科を受験しました。この選択は間違いではなかったと
思っています。保育実習では、初対面の子供たちを相手に
緊張してしまったこともあり、失敗をたくさんしました。
しかし、励ましていただき、とても救われた思いがしました。
今は本当に良い経験をさせてもらったと感謝しています。
採用していただいたら、失敗を恐れずに、積極的に
子供たち一人ひとりと向き合っていきたいと考えています。
保育士が天職だと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。