介護・福祉の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

介護・福祉

介護・福祉への社会的な関心の高まりから、若い人たちを中心に、
国家資格である介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士の
資格取得者が増加しました。しかし、特別養護老人ホームや
デイケアセンターなどの職員は、必ずしも資格を必要としないにも
かかわらず、なかなか十分な応募者を確保できない現状です。
しかも、給与面も恵まれていないため、若い人のなり手がますます減少し、
そのことがさらに労働条件を悪化させるという悪循環を
引き起こしています。そのような介護・福祉の現場に飛び込んでいく以上、
強い意志と覚悟のほどを志望動機で明らかにしていくことが、大事です。

介護・福祉の志望動機の例

私は、社会貢献できる仕事をしたいと思い、社会福祉士の資格を
取得しました。しかし、高齢化がますます進んでいる現在、
介護の仕事を知らなければ福祉の正しい在り方を理解することは
出来ないと思い、今回、応募する決心をしました。高校時代から
登山をやってきましたので、体力と忍耐力には自信があります。
どうぞよろしくお願いします。