家庭教師の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

家庭教師

教え子の成績を上げるという明確な目標があり、
子供と親に対する責任の重さを実感できるところに
やり甲斐を感じるという人も、少なくないようです。
家庭教師の志望動機では、そのような子供の教育に
対する関心と意欲を理由とすれば、同時に自己PRにもつながります。
志望動機では、子供の親と教育目標や方法について協議することや、
子供の学習面以外のことについても本人の相談相手に
なるべきかどうかなど、親との綿密な相談をする姿勢も
自己PRとして書いておくべきです。

家庭教師の志望動機の例

私は、カラオケも好きですが、歌うこと自体が好きなので、
貴店の店員募集に応募いたしました。接客業のアルバイトは初めてですが、
お客様が楽しく歌うためにいらっしゃるお店ですので、
不快な思いをさせないよう、いつも笑顔で親切・丁寧な接客に
努めようと思います。また、他のスタッフに迷惑をかけないよう、
勤務時間を厳守し、店内の清掃作業やゴミの処分なども
きちんと実行します。どうぞよろしくお願いします。