製造業の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

製造業

製造業の社員にとって求められる必須条件は、物造り(製造)への
関心やこだわりと、物(製品)への愛着や誇りです。在学中の成績が
たとえどれほど優秀であったとしても、応募する企業への関心度や
理解度が軽視されることはありません。志望理由には、
志望企業の業績や製品のどこに魅力を感じるのかということを、
自分の将来的な希望と絡めて具体的に記述しておくことが必要です。

製造業の志望動機の例

私は、一般教養科目の中で高分子化学の存在を初めて知り、
以来、大いに関心を持つようになって、高分子化学系の講座に
熱心に取り組み、また日頃より研究書や解説書を自ら選んで
親しんでまいりました。高分子化学の研究領域の中で私が
とりわけ関心を持つようになったのは、「誘電性高分子」と
「プロテインエンジニアリング」の領域です。
これらの領域における今後10年、20年の間の研究成果が、
社会や産業にどれほど大きな影響を及ぼすのか、
とても楽しみに思っております。 御社におかれて、
◯◯◯◯の活動に大いに期待いたしてまいりました。
また、今後も新たな先進分野に研究開発の領域を
広げていかれることと期待しております。
御社の高分子化学の可能性を切り拓く優れた研究において、
私も研究員の末席に加えていただくことができれば幸いと思い、
このたび応募させていただきました。