歯科助手の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

歯科助手

歯科助手の志望動機は、上級の有資格者や十分なスキルの
ある熟練者の場合と、そうでない人の場合とでは、
書くべき自己PRが若干異なります。上級の認定資格を持つ人や
スキルのある熟練者の場合は、歯科治療の詳細を心得ているため、
医師にとっては頼りになり、患者への応対も安心して任せておけます。
歯科助手としての十分なスキルを持たない人は、
患者に不快な思いをさせない心遣いや真面目に仕事に取り組む姿勢、
スキルアップに努力することなど書くべきです。

歯科助手の志望動機の例

私は、人々の健康的な暮らしに貢献できる仕事として歯科助手の道を
選びました。まだ未熟者ではありますが、スキルを高めて、
先生方からも患者様からも信頼される歯科助手になれよう努力いたします。
また、治療の際には、患者様に安心して快適に治療を
受けていただけますよう、患者様の身になって仕事に当たり、
治療の後は笑顔で楽しく帰っていただけますよう応接に
心掛けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。