雑誌編集者の志望動機

就活を進めていく中で、何度も志望動機を書く事になります。しかし、その企業ごとにあった志望動機を書かなくては採用担当者にも説得力がありません。ここでは業種、職種別に文例をご紹介します。

雑誌編集者

それゆえ、志望動機の内容が、最初のハードルをクリアするための
重要なポイントとなります。志望動機では、その出版社を志望した理由と、
自分が担当してみたい雑誌、これまでに強い関心を持った記事あるいは
印象に残った記事などを具体的に記述しましょう。
それによって雑誌編集への本気度や熱意、志望出版社への関心の高さ、
雑誌メディアに対する見識などをPRすることができます。

雑誌編集者の志望動機の例

スクープ記事に秀でた有力誌は多々ありますが、
貴社の週刊誌における真実重視と勇気ある公開の姿勢には憧憬の
念さえ抱いてまいりましたので、雑誌編集者として貴社への
入社を希望いたしました。私がこれまでに最も感銘を受けた記事は、
「週刊□□」の「○○○に乗っ取られた○○の真実」シリーズです。
多くの優れた記事を世に問われた諸先輩方から学び、
週刊誌編集に参加できる機会をお与えください。
よろしくお願いいたします。