業種

【業種】カテゴリ

住宅

住宅業界の志望動機の書き方・例文~パナソニックなど3社の選考通過ESを公開~ 住宅購入は人生で1番大きな買い物と言われています。住宅購入に携わることができる住宅業界の仕事は非常に責任感が求められる仕事ですが、やりがいも大きいと言えます。 住宅業界の選考を突破するためには他の就活生と差別化の図れている志望動機を作成する必要があります。本記事の志望動機の例文を参考に書き方のコツを掴んでいきましょう。 住宅業界の特徴 この章では住宅業界の動向と特徴について解説していきます。 住宅業界の動向 住宅業界の業界規模は2016年まではほぼ横ばいですが、17年から18年にかけて若干増加しています。全体的に見ると新築一戸建て住宅の戸数は増加傾向にあり、特に首都圏ではマンション価格の高騰により一戸建て住宅の方が割安と捉えられ、マンションから一戸建てに需要が流れています。 しかし、少子高齢化に伴う人口の減少により世帯数が減少しているため、今後を見据え住宅業界大手各社は新規の事業の強化を進めています。 例えばハウスメーカー各社が建築部材の開発促進、サービス付高齢者向け住宅やオフィスビルなどを手掛けていたり、飯田グループHDが世界初の二酸化炭素を活用した人工光合成ハウスの実証実験を行っています。 さらに住宅メーカー各社は海外事業に力を入れており、先進国のみならず東南アジアなどの新興国にも進出しています。一例として大和ハウスはアジアでジャカルタの南東部の都市開発やミャンマーの大規模複合開発事業などを行っています。 また、近年では異業種による住宅メーカーの買収が相次いでおり、トヨタ自動車やパナソニック、ヤマダ電機が住宅業界に参入しています。 ■数字で見る住宅業界の現状 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。住宅業界27社が対象(2018年-2019年) 住宅業界の主な仕事内容 ■技術系(設計、施工) 設計はお客様のニーズや人気住宅の傾向に合わせて新たな住宅の設計を行っていく仕事です。具体的には実際に家を建てる土地の地質や地盤、形状などを踏まえた上で、営業担当と共に施主と打ち合わせを重ね図面を作成します。 また、企業によっては、新規物件の開発や確認申請の許可といった法律関係の事務業務を行うケースもあります。 施工は実際に現場に行き、設計された図面をベースに住宅の施工を行う仕事で、建設会社・大工さんとのやり取りや、監督・管理業務を行います。着工準備に始まり工事期間中の安全確保や施工状況の把握や工事を円滑に進めていく役割を担っています。 ■営業 展示場に訪れたお客様にライフプランに合った住宅提案や相談、資金計画のアドバイスなどを行い、お客様のニーズを設計に伝達します。売ったら終わりではなく、引き渡し後もリフォームや住み替えといったライフスタイルの変化に応じ施主と長期的に付き合っていくこともあります。 志望動機を作るために用意すべき3つの「なぜ」 住宅業界は人の人生に深く携わることができる責任重大な仕事です。なぜその業界が良いのか、業界の中でもなぜその企業が良いのかを明確にし、ロジカルな志望動機を作成しましょう。 「なぜ」住宅業界を志望するのか 不動産業界の中で、住宅設備やマンションなどではなく、なぜ住宅業界なのかを説明する必要があります。具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば住宅業界であれば「お客様の人生で1番大きな買い物を成功させたい」などといった住宅業界ならではの理由を述べるようにしましょう。 その際に例えば「営業としてライフプランにあった住宅提案をしたい」のように業界の仕事内容と絡めて伝えることができればより深い志望動機になるため、業界の職種や動向についても把握しておきましょう。 「なぜ」その住宅会社を志望するのか 住宅会社と言っても企業によって強みとしている事業や特徴は異なります。 例えば大和ハウスであれば、「人・街・暮らしの価値共創グループとして、お客様と共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が心豊かに生きる社会の実現を目指します。」という経営ビジョンを掲げており、不動産や建設業だけでなく、環境エネルギーやロボット、農業などの新分野にも進出しています。 このように企業によって行っている事業は様々であるため、自分が成し遂げたいことがその企業で実現可能なのかを把握した上で志望動機を書くようにしましょう。 「なぜ」自分が必要なのか 住宅業界で働くためには、相手のニーズや人気住宅の傾向に対してスピーディーに反応できることが必要です。ニーズは刻々と変わっていくため、何事にも柔軟に対応できる力や、流行などの情報をキャッチアップする力が求められます。 また、住宅の購入は人生で1番大きい買い物であり、お客様の人生に深く携わることになります。そのため責任感は必ず必要な素養であると言えるでしょう。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 ■志望動機の構成例 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか [/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 積水ハウスの志望動機の例文 [su_box title="当社を志望した理由を記入してください。( 400文字以内)"]私が貴社を志望する理由は2つあります。1つ目は、「人間愛」を原点とした相手本位の住まいづくりに共感したからです。私は人々の生活に密着した、豊かな社会の創造に寄与できる仕事に携わりたいという想いがあります。そこで、住宅メーカーというお客様の人生をより豊かにできる仕事を通じて、多くの人に幸せを提供したいと考えました。「相手本位の住まいづくり」と「業界屈指の高い商品力」を誇る貴社でなら、お客様により満足度の高いご提案ができると思います。2つ目は、貴社で働く社員の方にとても魅力を感じたからです。貴社の会社説明会で拝見させて頂いたビデオには、No.1Prideという誇りを胸に働いている姿があり、それを見て私もあんな風に働きたいと強く思いました。業界No.1の貴社で、魅力あふれる社員の方からたくさんの刺激を受けながら成長していきたいです。そして、一人でも多くのお客様の笑顔のために尽力し、貴社に貢献していきたいと思います。[/su_box] →住宅業界や積水ハウスを志望している理由については書けていますが、なぜそのような考えを持ったのかという背景についてあまり書かれていないため、自分の過去の経験を踏まえて、「このような経験のもと〇〇を志望しています」というように書けるとさらに良いと思います。 旭化成ホームズの志望動機の例文 [su_box title="志望理由(200文字)"]私は、「人の不安や決断に寄り添い将来を支える仕事」がしたいと考え、人生最大の買い物である「住宅」にかかわりたいと考えている。中でも貴社を志望する理由は、旭化成グループの高水準と技術力と、お客様の要望に深く寄り添うオーダーメイドの住宅作りを掛け合わせることで、お客様の快適な暮らしを一番サポートできると感じたからだ。私の強みを活かし、貴社自慢の住宅をお客様の要望通りに提供したいと考え、志望する。[/su_box] →まず自分の仕事選びの軸を明示し、その軸に沿って業界を選べているため、志望動機の信憑性が増しています。最後に「私の強みを活かし」と書かれていますが、強みが何なのかが書かれていないため、文字数制限がある中で少しでも強みについて触れられてると良いと思います。 住宅業界の志望動機の例文 [su_box title="志望理由(400文字)"]家づくりを通してお客様の幸せづくりに貢献したいと思ったからです。この思いはボランティアを通して人がわくわくすることへのお手伝いをする楽しさや感動を経験したことに由来します。キャンプ場のボランティアではキャンパーの方の期待に応えられるよう、一緒にキャンプを考え実現してきました。その先にはいつもキャンパーの方の笑顔があり、今後も人の期待に応えられる仕事をしたいと思いました。住宅業界では、お客様と深く関わり信頼関係を築くうえで、家づくりを通してお客様の期待に応えられ、形にみえて実現できると思いました。また貴社の〇〇戦略における〇〇や〇〇は特に価値創造において重要だと考えており、自然が好きな私と深く共感する部分がありました。これらの活動はお客様からの信頼や理解が必要になると思うので、人との関わりを深く持ち信頼していただくことでお客様の幸せづくりと地域の環境に貢献したいです。[/su_box] →過去の経験について具体的に書けているため、住宅業界を志望している背景がわかりやすい志望動機となっています。また文字数制限が400文字と比較的余裕があるため、入社後自分の強みを活かしてどのようなことで貢献できるかまで書けるとさらに良いと思います。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] 終わりに 住宅業界は市場規模減少という課題に対し、大手企業中心に新規事業や海外進出などの対策を行っています。そのため自分の志望企業がどのような施策をとっているのかを把握し、志望動機を作成する際に活かしてみてください。

アミューズメント

アミューズメント業界の志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~ アミューズメント業界は、テーマパークや観光施設同様、人々の余暇を充実させるための業界です。ここでのアミューズメント業界は、本記事ではゲーム、カラオケ、パチンコ業界のことを指します。 アミューズメント業界の市場規模は約47兆円と大きく、身近な商材であることから、イメージが湧きやすく志望しやすい業界です。 誰でも知っているからこそ、志望動機の質を上げなければ内定を勝ち取ることはできません。アミューズメント業界のデータや特徴を今一度把握し、例文を参考に書き方のコツを掴みましょう。 アミューズメント業界の特徴 ここではアミューズメント業界の動向・業種・職種について解説してきます。 アミューズメント業界の動向 アミューズメント業界は、老若男女問わず、多くの人の余暇を楽しませる業界です。 その市場規模は約47兆円と大きく、中でもパチンコ業界は約19兆円を売り上げる巨大産業でもあります。 最近では、世の中全体的のテクノロジーの発展にともない、アミューズメント業界全体でもデジタル化が進行しています。特に、ゲームやアトラクションといったエンターテイメント分野との整合性が高いVRやデジタル技術は、今後も需要を増していくでしょう。 とは言え、対応が間に合っているかと言えばそうではありません。デジタル技術を取り入れるには、初期投資やデジタルに対応できる人材の育成・確保が必要となるため、すぐに取り入れるのは難しいというのが現状です。 また、インバウンド需要への対応も注目されています。訪日外国人旅行者数の急激な増加を受け、言語や接客面でのグローバル対応の必要性が高まりそうです。 様々な方面から注目を集めるアミューズメント業界ですが、業界全体の課題としては「いかにリピートさせられるか」が挙げられます。デジタル化・グローバル化への対応とともに、リピートしてもらうために飽きさせないための工夫や飽きられない商品・サービスの提案が求められるでしょう。 ◆数字で見るアミューズメント業界の特徴 ゲーム業界 カラオケ業界 パチンコ(製造)業界 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。ゲーム業界34社、カラオケ業界4社、パチンコ業界12社が対象(2018年-2019年) アミューズメント業界の業種 様々な業種の中でどの業種を選ぶべきか、特徴と差別化ポイントを勉強しておきましょう。 ゲーム 国内に留まらず、海外へも娯楽を届けるゲーム業界。その市場規模は2018年には1兆6704億円となっています。 ゲーム業界の中でも開発する製品によって「ゲーム機の開発」「ゲーム機向けソフトの開発」「ソーシャルゲームの作成」「プラットフォームの開発」の4つに分類され、それぞれ異なるビジネスモデルをしています。 一般的にゲームといえば、家庭用ゲームをイメージするかと思います。しかし、最近急激に市場を拡大しているのはスマホゲーム市場です。 調査機関ごとに異なるもののスマホ所持率が約80%である今、無料でダウンロードすることができ、手軽にゲームを楽しめることが大きな要因である考えられます。そのため、ポケモンやドラクエといった家庭用ゲームを取り扱っていた企業がスマホゲーム市場に参入し始めているようです。 直接的に開発・販売を行わないゲーム関連事業を展開している企業の台頭も見られ、事業の多様性が広がりつつあります。 また、eスポーツゲームの世界的な流行も市場規模の拡大に影響していると考えられます。2018年、国内のゲームユーザー数は4,911万人となりました。 プロゲーマーになると、その年収は世界的に見ても370万~数千万、数億円に登ると言われ、小学生の「将来なりたい職業ランキング」ではYouTuberに続いて2位にプロゲーマ-、3位にゲーム実況者と並ぶほどの人気です。 今後は、VR専用のゲームも導入され、さらなる市場の拡大も期待できるでしょう。 しかし、順調に見えるゲーム業界ですが、「業績が安定しない」という課題もあります。いくら人気のゲームでも、時間が経てば「飽き」を感じられてしまいユーザーは新たなコンテンツを求めるようになります。ツムツムやパズドラのように長年愛されるコンテンツもありますが、その様に安定的に収益を確保できるコンテンツを多く持つ企業は少ないというのが現実です。 そのため、常に挑戦し魅力的なコンテンツを考えていくことが求められますが、自分のイメージを形にし、世の中に「楽しい」を届けられる夢のある業界でもあります。 [su_highlight background="#fbf54a"]ゲーム業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■商品開発(プログラマー、プランナー、デザイナー、サウンドクリエイター、エンジニア) ゲーム業界の中で要となる職種、それが商品開発です。ヒットする商品をいかに低コストで実現させられるかが肝となります。またプログラマーやプランナーと協力し、ゲームの構想・企画を手掛け商品にしていきます。自らのアイディアが形となり、世の中に広げられると考えると非常に夢が仕事です。 ■生産管理 生産管理は、ゲームの販売計画に従って、計画から実行、管理までを行う仕事です。生産計画や加工管理、商品出荷・在庫管理、原価管理などを行います。 ■営業・販売促進(営業、販売促進、マーケティング) 営業は、ゲームショップやバイヤーに対して商談会などで、商品の営業・提案を行います。どれだけ店舗に置いてもらえるか、どんなプロモーションをすればお客様に手に取ってもらえるかで売上にも影響するため責任は重くなりますが、その分やりがいも感じることができる仕事です。 [/su_note] カラオケ 趣味やストレス発散、二次会など様々な場面で利用されるカラオケ。日本発祥のカラオケは海外でも人気を博しており、アジア圏だけでも、台湾、香港、中国、韓国、タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシアなどに店舗が設置されています。 そんなカラオケ業界の過去の売上の推移を見てみると、2008年から2010年までは減少傾向にあるのですが、2011年から2018年にかけては増加の傾向にあります。 スマホ決済サービスの導入や、首都圏・繁華街を中心とした出店など、各店舗が様々な施策を実施した事により回復・維持しているようです。 しかし、そういった対策が取られたものの、カラオケ人口や施設数は緩やかに減少傾向にあります。その原因として挙げられているのが、少子高齢化やカラオケ店での未成年飲酒、帰宅時の飲酒運転等が問題視されたことによる飲酒規則の強化です。 これにより利用者は減少し、その減少に伴い店舗数も若干の減少を見せています。 より利用者を増やすため、対策として高齢者向けのサービス展開(60歳以上のお客様を優遇するサービス)や平日利用特典の充実(日中の時間帯の価格を安くするなど)を図っています。 また最近流行っている、ヒトカラや箱カラ、リアルバンドカラオケなども施策の一環であるといえるでしょう。 [su_highlight background="#fbf54a"]カラオケ業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■店舗運営・スタッフ 店舗運営は、店舗で働くスタッフの勤怠管理やマネジメント、備品の管理等を行います。店舗スタッフはお客様に対するレジ対応やドリンク・フードの提供を行います。店舗スタッフについては、正社員ではなくアルバイトの割合が多いポジションでもあるため、学生時代に経験したことがある人もいるのではないでしょうか。 ■企画・開発・営業 企画・開発の大きな仕事は、レコード会社との連携です。カラオケとして配信する楽曲のプロモーションや編集を行うため、企画によって売上に大きく影響します。また、営業職は、自社で取り扱っているカラオケ機器の売り込みがメインの仕事となります。全国に多数存在するカラオケ店舗に自社の機器を以下に多く置いてもらえるかで、企画食堂用売上に直結するため、やりがいを感じることができる仕事です。 [/su_note] パチンコ 大人が楽しむ娯楽であるパチンコ。第二次世界大戦後の1950年代から、娯楽の乏しかった日本ではパチンコがブームとなりました。その後高度経済成長に乗じてパチンコ業界も大きく成長し、30兆円を超える売上を記録する業界となりました。 しかし近年、30兆円を超える売上を誇っていたパチンコ業界は、20兆円を下回る程の規模まで縮小しています。その原因として挙げられるのが規制と娯楽の多様化です。 パチンコ依存症という言葉があるように、パチンコがブームになったことにより初心者が増えたことで負ける人が増え、負ける金額が膨らみ続けました。その悪い流れを打ち切るための施策として、勝率を下げるといった規制がかかり勝てる人が減ったことで、パチンコから人が離れていきました。 趣味といった娯楽の多様化も、パチンコ業界の縮小の原因のようです。パチンコ業界を支えているのは、朝早くから並んでいるヘビーユーザーではなく、「今日暇だからパチンコ行こ」というライトユーザーでした。 しかし、スマホやPCを持っているのが当たり前となった今、パチンコにいく以外の娯楽が増えたことで、お金がかかるパチンコにわざわざ足を運ぶ人が減ったのでしょう。 話は変わりますが、他業種からパチンコ業界への参入が見られたり、IR推進法案の影響により製造業の方面では、今後新しい波が来るのかもしれません。 [su_highlight background="#fbf54a"]パチンコ業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■企画・開発職 企画・開発職は、パチンコのゲーム性やシステムの企画立案から、機械のスペック算出といった開発業務全体に関わります。遊技機規則を中心とした法知識が必要です。店舗との打ち合わせの中で「あのパチンコの演出が人気」といった会話もあるようなので、実際に市場に出ているパチンコを使用した経験があると役に立つこともあります。 ■営業 営業は、顧客であるパチンコ店に自社で取り扱っている製品を販売する仕事です。新商品販売に伴うイベントの立案や運営を考え行っていく必要があるため、パチンコ店の運営に関する知識から、マーケティング的な面を含む幅広い知識が求められるでしょう。 ■パチンコ店舗スタッフ パチンコ店舗スタッフは、実際に店舗にたち玉運びや清掃業務、機械のトラブル対応を行います。1日の売上額が非常に大きいと同時に、店舗の経営自体に使用される金額も大きいため、店長になる人には大きな責任が伴います。 [/su_note] 志望動機の作り方のポイント アミューズメント業界は商品やサービスの提供方法は異なるものの、「娯楽を提供する」という大枠の目的に違いはありません。そのため、なぜこの業種・企業を選んだのかを採用担当者にしっかり伝えなければ書類選考を通過は難しくなります。なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに書きましょう。 アミューズメント業界の志望動機に必要な3つの要素 なぜその業界か、業種か、会社か。この3点の深堀りが必要不可欠です。 まず業界について。アミューズメント業界は、どの年代でも関わりが深く、仕事のイメージがしやすい業界です。その中でどんな仕事に携わりたいのか、人々の余暇を充実させる仕事ならではの理由を書きましょう。 次に業種について。アミューズメント業界の業種はゲーム・カラオケ・パチンコとそれぞれでビジネスモデルが大きく異なります。1つの業種で専門性を身につけたいのか、それとも幅広く余暇を楽しむ娯楽全般に関する知識を身につけたいのかを考えておくようにしましょう。 最後に企業について。その企業がどの商品を強みとしているのか、どういったお客様を対象としているのかといった特徴を調べましょう。 それが終わったら強豪と比較してください。そうすれば自ずと各社ごとの特徴が明確になります。 アミューズメント業界で求められる人物像 アミューズメント業界ではその職種によって求められる素養やスキルが異なります。例えば、営業であれば、店舗に自社製品を置いてもらうための営業力や提案力が求められます。 営業がどれだけ良くても、その商品・サービス自体がよくなければ、消費者に受け入れられない可能性もあります。また業界全体を通して、商品やサービスに飽きられやすい傾向があるため、新しい企画や商品を発想し、それを形にできる企画力が必要です。 また、実際に店舗スタッフとしてユーザーと直接言葉を交わす立場であれば、最低限のマナーだけでなく、トラブルなどにも対応できる臨機応変さや対応力が必要です。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか [/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、フレームワークや表現方法を学び、自身の書類に活かしてください。 ゲーム業界の志望動機の例文 [su_box title="○○社を志望する理由をなるべく具体的にご入力ください。(300字以内)"]私は、「多くの人々に影響を与え、必要とされる」仕事に就きたいと考えている。ゲーム業界に代表されるエンタテインメント業界は、機械が人間を代替していく時代において、ますます必要とされると考えている。また、私は幼い頃からゲームが好きであり、私にとってはゲームが生活の一部であったと同時に友人とのコミュニケーションのツールでもあった。そこで私は、好きであるゲームを通じて、多くの人々にポジティブな影響を与え、その人たちの心を動かしたいと考えている。ゲーム業界の中でも貴社は、物語を通じてユーザーの心を動かしてきた会社だと認識しており、私も貴社の一員としてユーザーの心を動かしたいと考え、貴社を志望している。[/su_box] →『「多くの人々に影響を与え、必要とされる」仕事に就きたい』とはじめに目標を述べ、最後の一文で自分が成し遂げたいことがゲーム業界で達成することができるということが簡潔に述べられています。業界を選んだ理由、その中でもこの企業を選んだ理由がわかりやすく、研究に熱心に取り組んだことが伝わってくる文章です。 カラオケ業界の志望動機 [su_box title="志望動機"]志望理由は2つある。1つ目はグループコンセプトである、「人々の喜びを創り出す」という思いに共感したからだ。2つ目は、人々の生活と密接に関わり、かつ異なる3つの業界をジョブローテーションできるからだ。私は将来、人や社会の役に立つサービスを生み出したいと思っているので、そのために必要な経験や知識を身につけられると考えた。[/su_box] →少ない文字数の中で、志望動機・将来成し遂げたいことが述べられています。ただ、字数が少ない場合は、志望理由を1つにしぼり、その理由やキッカケを書くことができるとよりよい志望動機になるでしょう。 どうしても2つ書きたい場合は、『志望理由は、グループコンセプトに共感したことと、人々の生活と密接に関わり、かつ異なる3つの業界をジョブローテーションできることです。』と一文にすることで、字数を抑えることができキッカケを伝える余裕ができるはずです。 パチンコ業界の志望動機 [su_box title="○○社を志望する理由を教えてください。"]私には、パチンコ・パチスロを「社会全体に認められる余暇活動」にしたい」という思いがあります。いまだ業界の社会的イメージは良いとは言えません。大好きなパチスロの話題を出すと、周囲から悪い印象を抱かれることが多々あります。しかし、そういった方々の多くはパチンコ・パチスロをやったことがない、またはよく知ろうとはしていません。そうした経験を通じて、「パチンコ・パチスロの魅力をもっと広めたい」という思いが強くなりました。また、少子高齢化や労働時間の減少から人々の余暇活動時間が増えていくことが予想されます。そこで余暇市場規模の3割以上を締めるこの業界が社会に与える影響は大きいと考えています。以上の考えから、御社の「あらゆる人々に夢と感動溢れるエンタテインメントを提供し、豊かな社会の実現する」という経営理念と、その根幹にある社是に強く魅力を感じました。御社でなら私の「パチンコ・パチスロを通して社会や人々に良い影響を与え、イメージアップをする」という思いを実現できると考え、志望しました。[/su_box] →『パチンコ・パチスロを「社会全体に認められる余暇活動」にしたい」』『パチンコ・パチスロを通して社会や人々に良い影響を与え、イメージアップをする』と目標が明確に分かる文章です。その後の文章で、そう感じた理由を課題・原因を踏まえて書くことができており、パチンコ業界に対する思いの強さが伺えます。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ アミューズメント業界は身近で働くイメージがしやすい業界です。そのため業界や企業についての下調べが合否を分けることに成ると考えられるため、志望理由をなぜなぜと掘り下げて具体的でロジカルな構成で制作しましょう。

住宅設備

住宅設備業界の志望動機の書き方・例文~パナソニックなど3社の選考通過ESを公開~ 住宅設備業界は私たちの生活に密接に関わっており、親しみの多い製品を扱っている業界であるからこそ、志望している就活生も多いのではないでしょうか。 そのため選考を突破するためには他の就活生と差別化の図れている志望動機を作成する必要があります。本記事の志望動機の例文を参考に書き方のコツを掴んでいきましょう。 住宅設備業界の特徴 この章では住宅設備業界の動向と特徴について解説していきます。 住宅設備業界の動向 住宅設備業界は2006年頃から2009年頃までの間、世界的な金融危機や原材料費の高騰に伴う利益率の低下によって、業界規模は減少していました。 2011年以降は東大震災や消費増税前の駆け込み需要によって業績は緩やかに回復基調になりましたが、近年、人口減少や少子化といった問題、再度の消費税の増税により新設住宅着工が減少しました。それに伴い、住宅設備の需要も減り、市場規模は再び縮小すると言われています。 しかし訪日外国人の増加、東京オリンピック、日銀マイナス金利導入に伴う長期金利の低下によって、宿泊施設の建設や新設住宅着工、リフォーム需要が拡大するとされており、住宅設備業界の需要増加も期待されています。 さらに住宅設備業界の市場減少対策として、ストックビジネス(リフォーム)やデジタル化を大手企業中心に進めています。 ■数字で見る住宅設備業界の現状 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。住宅設備業界82社が対象(2018年-2019年) 住宅設備業界の主な仕事内容 技術職 技術職には、商品開発・品質管理、生産、施工、研究開発、調査・測量・製図・積算などと様々な仕事があり、住宅設備に関わる新技術の開発や、新商品の開発・設計などを行っています。 また開発だけでなく、完成した新製品をどのようにPRするかを考えることも技術職の仕事です。 事務職 事務職には営業とショールーム接客という仕事があります。営業は自社の製品を住宅メーカーや工務店、施工会社などに売り込みます。 基本的には法人営業が中心となりますが、最近ではリフォーム需要の増加に伴い、個人相手にリフォームの営業をすることも増えています。 ショールーム接客では、自社の製品を消費者にPRするショールームでの接客を担当します。実際に商品に触れながら比較検討してもらえることから、住宅設備販売において重要なポジションとなります。 そのためショールームスタッフは展示している商品すべてに対する幅広い知識が必要です。 志望動機を作るために用意すべき3つの「なぜ」 住宅設備業界にはたくさんの企業が存在し、当然企業によって力を入れている事業や商品は異なります。そのためなぜ業界の中でもその企業を志望しているのかをロジカルに書くようにしましょう。 「なぜ」住宅設備業界を志望するのか 不動産業界の中で、住宅やマンションなどではなく、なぜ住宅設備業界なのかを説明する必要があります。 具体的には自分が将来何を成し遂げたいのか、例えば住宅設備業界であれば「人々の暮らしをワクワクさせるような商品を提供したい」などといった住宅設備業界ならではの理由を述べるようにしましょう。 その際に業界の仕事内容と絡めて伝えることができればより深い志望動機になるため、業界の職種や動向についても把握しておきましょう。 「なぜ」その住宅設備会社を志望するのか 住宅設備会社と言っても企業によって強みとしている事業や特徴は異なります。 例えばパナソニックであれば、「社会生活の改善と向上を図り、世界文化の進展に寄与する」という経営理念を掲げており、「家電」「住宅」「車載」「BtoB」事業に力を入れています。 このように企業によって行っている事業や扱っている商品は様々であるため、自分が成し遂げたいことがその企業で実現可能なのかを把握した上で志望動機を書くようにしましょう。 「なぜ」自分が必要なのか 住宅設備業界で働くためには、実際にその商品を使う人の視点に立ち考えることができる顧客視点を持っていることが重要となります。 いくら商品を開発しても使いたいと思われなければ意味がなくなってしまうため、顧客視点をもち、柔軟に物事を考えることができる力は必要な素養となります。 また、住宅設備にも流行があり、ニーズは変わり続けています。そのため新たな価値創造のためにチャレンジし続けることができる能力も求められると言えるでしょう。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight]  志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 パナソニックの志望動機の例文 [su_box title="パナソニックでチャレンジしたい仕事や実現したい夢についてご記入ください。(300文字以内)"]お客様のニーズを満たす営業として活躍し、国内外問わず人々の暮らしの豊かさへ貢献したいです。私は「変化に対応できる社会人」になりたいという想いを持っています。好奇心旺盛な性格で大学時代には3つのサークル活動やゼミ、アルバイトを並行してきました。その中で培った新しい環境に飛び込み変化を楽しむ姿勢を社会人となった後も伸ばしていきたいと考えています。貴社は100年を超える歴史の中で時代の変化に合わせながら4つの事業分野を核に、国内外問わず多角的に人々の暮らしへ関わっている点が魅力的でした。入社後は営業に携わりビジネス環境の変化や多様なお客様のニーズに迅速に応える姿勢を養い世界中の暮らしを支えたいです。 [/su_box] →住宅設備業界で求められている素養を持っていることを過去の経験を通してアピールすることができています。またパナソニックの理念と自分の目標が一致していることや、入社後に何がやりたいのかを具体的に書けていることによってより志望度が高いイメージを与えられています。 LIXILの志望動機の例文 [su_box title="あなたがLIXILを志望した理由は何ですか? (1文字以上200文字以下)"]貴社は住宅設備の総合メーカーであり、あらゆる住宅設備をまるごと提案できることに強みがある点に加え、海外の有力企業と提携しており、世界中に自らが携わった製品を展開できる点に魅力を感じました。また、「今後全ての商品で1位を狙う」という話を説明会で聞き、現状に満足せず常に上を目指す貴社の姿勢に感銘し、自分の人間工学の知識を活かして貴社の製品開発に貢献したいと考え志望しました。[/su_box] →LIXILに対する想いは伝わりますが、自分の目標や過去の経験だったり、なぜ住宅設備業界を志望しているのかがあまり伝わってこないため、もう少し自分の経験や強みについて触れられるとさらに良いと思います。 YKKの志望動機の例文 [su_box title="YKK株式会社を志望する理由を教えてください。(200文字以下)"]〇〇〇でのボランティアやアメリカ留学の経験以来抱いている「日本発の製品で世界中の人々の生活を豊かにしたい」という私の思いを、貴社のファスナー事業を通じて実現できると考えたからです。YKKのファスナーは日本を代表する商品であり、様々な場面で世界の人々を支えています。実際に海外に立ち、「失敗しても成功せよ、信じて任せる」という貴社のコアバリューの元で日本の技術力を背負って挑戦していきたいと考えています。[/su_box] →過去の経験から抱いた自分の目標を、YKKでならなぜ実現することができるのかについて書けているため、説得力があり、読み手に働いているイメージを抱かせやすい志望動機となっています。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] 終わりに 住宅設備業界全体として市場規模の減少に対して対策を行っていますが企業によって行っている取り組みは異なります。 そのため、企業研究をしっかりとした上でなぜその企業でなければならないのかを明確にし、説得力のある志望動機を作りましょう。

レジャー

レジャー業界の志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~ レジャー業界は、大型テーマパークや旅行・ホテルが主な商材となります。 幼い頃からの憧れや華やかな印象から、特に女子就活生からの人気が高い業界です。しかし、単に好きだからという動機だけでは内定を勝ち取ることはできません。レジャー業界の特徴やトレンドを今一度把握し、例文を参考に書き方のコツを掴みましょう。 ※本記事におけるレジャー業界とは旅行・ホテル・レジャー施設の3業界を指します。 レジャー業界の特徴 ここではレジャー業界の動向・業種・職種についてを解説してきます。 レジャー業界の動向 レジャー業界が最も活発だったのはバブル時代だと言われています。続々と新しいレジャー施設が登場し、人々も新しい施設で余暇を過ごしていました。 しかし、バブル崩壊後は低迷が続き、その後一旦は回復したものの、2009~2012年はリーマンショックなどの影響により、再び苦戦を強いられました。 ただ、ここ2年は訪日外国人の増加や「コト消費」のニーズ拡大もあり追い風が吹き始めています。コト消費とは、商品やサービスを購入したことで得られる体験に価値を見出す消費行動を指します。例えば、コンサートやスポーツ観戦、スキーやハイキング、旅行といったものです。 近年は、人々の余暇の過ごし方が多様化しているため、レジャー業界と関連していない企業でもレジャー施設の開発や運営に参入するといった新しい動きが見られます。 ◆数字で見る商社業界の現状 旅行業界 ホテル業界 レジャー施設業界 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。旅行業界13社、ホテル業界30社、レジャー施設業界46社が対象(2018年-2019年) レジャー業界の業種 様々な業種の中でどの業種を選ぶべきか、特徴と差別化ポイントを勉強しておきましょう。 旅行業界 旅行業界は、旅行業と旅行業者代理業の2つに分かれています。 旅行業は、パッケージツアーなどの企画を行います。その中でも業務範囲によって3つに分類されています。それが以下の3つです。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]第1種:海外・国内の旅行を企画できる 第2種:国内旅行のみの規格ができる 第3種:一定の条件下で国内旅行を企画できる[/su_note] 旅行業者代理業は、旅行業と代理人契約を結び、パッケージツアーなどの旅行商品を代理店販売しているBtoBtoC企業です。 旅行業界全体としては、2020年に開催される東京オリンピックで大きなインバウンドが見込まれています。日本に訪れる訪日外国人旅行客の数は、2014年には1341万人だったのが、2018年には3119万人と5年で2.3倍に伸びています。 日本政府も2020年に訪日外国人旅行客を年間4000万人、2030年までに6000万人の目標を掲げているため、今後も伸びていく見込みです。 しかし、国内に目を向けてみると、国内旅行による売上は年々減少傾向にあります。その原因としてあげられるのが人口減少、団体旅行需要の低下、交通手段の発展による日帰り旅行の増加です。 今後オリンピックによりインバウンドの増加は見込まれていますが、それは一時的なものであるため、国内で継続的に売上を上げていくためのツアーの企画といった新たな施策を考えていく必要がありそうです。 また、近年の旅行業界は「ネット予約」なしに語ることはできません。旅行する際、事前に、航空券や宿泊先、レンタカーなどを予約は必須ですが、最近では初心者には難しい海外の予約も、ネット上から簡単にできるようになりました。航空券やホテルのみといった個別手配から、旅行券とホテルがセットで予約できるものもあり、非常日便利です。 最安値を検索できる比較サイトも充実してきており、2017年の国内のネット予約市場は約3.4兆円と昨年に比べて110%となりました。 その影響もあってか、日本旅行業界によると海外へ旅行する人の数は増加しており、JTB総合研究所によると、2019年12月だけでも、日本人の出国者数は171万人と前年の同月に比べて5.1%増でした。 [su_highlight background="#feedd5"]旅行業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■カウンター 旅行会社の店舗で航空券やツアーの販売や手配を行います。直接お客様と会話し、予算や目的にあった旅行プランを瞬時に判断し提案する力が求められます。旅行会社の顔にもなりうるため、やりがいを感じる事ができるのではないでしょうか。 ■企画(ツアープランナー) 企画の主な仕事は、その名の通りホテルや観光場所の選択、企画を行います。また企画に沿ってホテルや交通手段を手配するところまで行うこともあります。 ■ツアーコンダクター(添乗員) ツアーに同行して旅行者の管理や引率を行います。ツアーコンダクターに成るためには、「旅行管理主任者」の資格が必要です。 ■営業 営業は企業の海外進出などを手伝います。また、団体客に対してプランやツアーを提示したり、団体旅行のコンダクターに成ることも多くあります。 [/su_note] ホテル業界 2020年の東京オリンピック開催を控え、新規開業やリニューアルが続くホテル業界。旅行業界と同じく、インバウンドが増えたことで大きく成長した業界です。 最近では訪日観光客の増加により、宿泊不足が話題になることもありました。 そんなホテル業界ですが、一口にホテルと言っても価格帯やサービス内容、立地などにより多種多様な種類に分類されます。例えば、都市部に位置し、宿泊だけでなく宴会場やレストランなどの付帯施設を十分に備えた「シティホテル」、同じく都市部に位置し、出張利用に特化した日本特有の形態である「ビジネスホテル」、そして軽井沢や沖縄などいわゆるリゾート地に位置し、季節によって需要の変動が見られる『リゾートホテル」です。 また経営形態によっても3つに分類されます。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]・直営式:土地や建物を保有するオーナーが直接ホテル経営や運営に携わる ・リース式:土地所有者がホテルを建設し、ホテル企業に一括賃貸するビジネスモデル ・運営委託方式:ホテルの土地や建物の資産を保有せず、運営のみに特化したビジネスモデル [/su_note] 上記の様に複雑なビジネスモデルをしているホテル業界が抱える課題は「人手不足」です。多くのホテルでは従業員が不足しています。東京オリンピックを控え、訪日外国人観光客だけでなく、国内旅行客の増加が予想されていることも考えると、従業員の確保が急務となりそうです。 また一斉を風靡したAirbnbなどに代表される民泊。行政の取り締まりが厳しくなったことにより、一時低迷したもののホテル業界に与える影響は大きく、民泊が1%増加するごとに、ホテル一部屋あたりの平均売上が0.02%減少すると言われています。民泊の成長率を考えると、今後はホテルでしか経験できないサービス面の充実が求められそうです。 [su_highlight background="#feedd5"]ホテル業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■サービススタッフ サービススタッフには、ホールスタッフやフロント、ウエイター、客室係などが含まれます。主に、ホテル内での接客やサービス全般に関わります。宿泊客に最も近く、ホテルの顔とも言えるポジションであるため、明るく礼儀のある対応や清潔感が求められます。また最近では、国内だけでなく海外からのお客様も増えているため、外国語でのコミュニケーション能力も必要です。 ■営業・販売促進 ホテルの営業は、旅行代理店に向けてホテルの設備や宿泊プランなどのサービスの営業・提案を行います。ホテルの売上に直に影響を与える仕事でもあるので責任は大きいですが、その分やりがいを感じることができます。 ■サービス開発 サービス開発は市場調査を行い、ホテルに関わるイベントや宿泊・ブライダルプランなどの企画立案から実行までを手掛けます。[/su_note] レジャー施設 レジャー施設は、人々の思い出に残る場所であり、華やかに見える業界です。しかし現実はそう甘くなく、少子高齢化の影響をダイレクトに受けている業界と言っても過言ではありません。 レジャー施設の多くは若者や子供向けに作られた施設が多いため、少子高齢化が進む今、テーマパークやスポーツ施設はアクティブシニア(定年を迎えてお金や時間に余裕があるシニア層)など、幅広い年齢そうが楽しめる新しいサービスを企画していく必要があります。 また、訪日外国人観光客によるインバウンドの影響で、旅行業界とホテル業界の売上は好調を保っている一方で、レジャー施設業界全体の売上高の中で、外国人旅行客が占める割合は2%ほどに留まっています。 そのため、アクティブシニアや訪日外国人を含めた幅広いターゲットに向けた、新たな企画立案を実行していくことができれば、まだまだ拡大の余地はあるのではないでしょうか。 [su_highlight background="#feedd5"]レジャー業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■施設スタッフ 施設スタッフは、その名前の通りレジャー施設で働くスタッフを指します。アトラクションの添乗員や施設内の販売スタッフを行います。また、迷子や落とし物、体調不良者への素早い対応が求められたり、トラブル対応も冷静に行わなければならないため、状況判断を素早く行い、迅速に動くことができることが求められます。 ■施設運営 施設運営は、基本的には現場ではなく本社での仕事になります。レジャー施設全体に新しいイベントやアトラクションを考えることで、施設のグレードアップを図ります。 基本的に、施設の運営に必要なこと全てに関わります。そのため、アトラクションに関わる対応も求められるることもあり、故障対応や備品の管理、清掃管理など、基本的なサービス技術や接客マニュアルなどを含む、自社施設の詳細まで把握しておく必要があります。 ■広報・販促 広報や販促は、施設の宣伝を担う仕事です。どんなに楽しい施設があっても、その情報が私達ユーザーに届かなければ意味がありません。顧客を獲得し収益を上げていくためにも非常に重要な仕事です。 宣伝のためにプロモーションするにもたくさんのお金が動くため責任が重い仕事でもあります。[/su_note] 志望動機の作り方のポイント レジャー業界はサービスの提供方法が別れているものの、「お客様をもてなす」という大枠の目的に違いはありません。 そのため、なぜこの業種・企業を選んだのかを採用担当者にしっかり伝えなければ書類選考を通過は難しくなります。 なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに書きましょう。 レジャー業界の志望動機に必要な3つの要素 なぜその業界か、業種か、会社か。この3店の深堀りが必要不可欠です。 まず業界について。レジャー業界は様々な体験を通して人々の余暇を充実させることに特化した業界です。その中でどんな仕事に携わりたいのか、様々な体験を提供する仕事ならではの理由を書きましょう。 次に業種について、旅行・ホテル・レジャー施設では、提供するサービスが異なります。1つの商品の専門性を身につけたいのか、それとも総合的に様々な商品の知識を身につけたいのかを考えておくようにしましょう。 最後に企業について。その企業がどのサービスを強みとしているのか、どんなお客様をターゲットとしているのかなどの特徴を調べましょう。 それが終わったら強豪と比較してください。そうすれば自ずと各社ごとの特徴が明確になります。 レジャー業界で求められる人物像 toBよりもtoCが圧倒的に多いレジャー業界では、お客様に楽しんでもらうこと・良い体験を提供することが重要です。良いサービスを提供するためには、自分のためではなく、相手のためを考えた行動が必要となるため、利他精神が求められるでしょう。 また、接客をしていくとなると、様々な国、価値観の人と関わる機会が増えるため、コミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。様々な人との接点が増えればトラブルに巻き込まれることも起きると予想されます。そうなったときに慌てず対処できるような柔軟な対応力が求められます。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■志望動機の構成例 (1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか [/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、フレームワークや表現方法を学び、自身の書類に活かしてください。 旅行業界の志望動機の例文 [su_box title="◯◯社を志望する理由を教えてください。"]旅行という無形の商品を、自分の手で形作りお客様に届けたい思いがあるからです。そして、その挑戦ができる環境が御社には整っていると考えるからです。私は、旅行を問わず「何かを企画して人に提供し、楽しんでもらうこと」が好きです。相手と一緒になって1つのこと・商品を創造して行くプロセスにやりがいを感じられると考えています。御社の強みとして「全国規模に展開している企業かつ、アウトセールス・カウンターセールスどちらにも尽力できる」ところがあります。これは、自身がコーディネートした旅を、カウンターで商品として提供出来るだけでなく、自分も添乗して旅を過ごすことで、1番身近でお客様の反応を見られる励みになります。また、営業ではアウトセールスにおける一貫したフォローを、自分の裁量で行えるので、お客様の反応を即座に取り入れられるところが、自身の強みと繋がります。こうした旅行を自分のオリジナルの形にして届けたい、その挑戦ができるのは御社が1番であると考え、志望いたします。[/su_box] →志望理由が明確に述べられています。また、「営業ではアウトセールスにおける一貫したフォローを、自分の裁量で行えるので、お客様の反応を即座に取り入れられるところが、自身の強みと繋がります」と企業でできることと自分の強みを結びつけて書くことができていて、働くイメージ持たせることができる文章を作成できています。 企業の仕事内容を少し削り、なぜ『「何かを企画して人に提供し、楽しんでもらうこと」が好き』なのか理由を経験を基にもう少し書けるとよりよい志望動機になります。 ホテル業界の志望動機の例文 [su_box title="志望動機"]インバウンド観光事業をより活発にすることで豊かな経済発展と文化交流に貢献したいからです。私は国内外問わず旅行が好きで、将来は多くの人に旅行という非日常の娯楽を届けることができる仕事に就きたいと考えていました。また経済学を学ぶ中で、観光産業は確固としたインフラや資本がない地域でも大幅な経済発展の可能性を秘めていると考えるようになり、地域経済発展としての観光産業に貢献出来る仕事がしたいと思うようになりました。日本旅館はただ寝泊まりするためだけの場所ではなく、その地域に根差した文化を一体化した非日常空間をお客様に楽しんでもらえるという点で魅力的です。その中でも、地域文化を尊重したおもてなしを日本だけでなく海外にも積極的に推進しようとしている貴社の理念に強く惹かれました。 また、飲食店アルバイトでの経験を通じ、ホールやキッチンと全ての業務をこなすことで現場の一連の流れを俯瞰的に把握することが出来、結果サービスの質も向上するということを学びました。そのため多様な業務を経験できる企業で働きたいと考えており、マルチタスク体制で仕事の効率化を図っているという点でも貴社に強く惹かれました。 私は大学生活の中で「自分が率先して行動をすることで周囲の信頼を獲得し、チームで団結する」ことの重要性を学びました。この強みを活かし、周囲と協力しながらお客様に最善のおもてなしを提供し、いずれはより広範囲の地域での事業展開に携わりたいです。 [/su_box] →「インバウンド観光事業をより活発にする~貴社の理念に強く惹かれました。」の部分で、志望動機→キッカケ→企業を選んだ理由までをシンプルにわかりやすく述べることができています。その後、自分の過去の経験と企業に惹かれた理由・将来やりたいことを結びつけて書くことができていて非常に良い文章です。 レジャー施設の志望動機の例文 [su_box title="国内・海外含め多くの企業がある中で、なぜ○○社を志望したのか理由を教えてください。300文字以内"]多くの人々が熱狂や感動、喜びを体験できる空間を生み出すという人生における目標を達成するために、貴社が一番の環境であると考えているからです。まず私が上記のような人生の目標を立てたきっかけはカフェでのアルバイトです。私はアルバイトを通し、目の前の多くのお客様に良いものを提供してきました。一方で、多くても1日に200人という自分の影響の小ささに満足できませんでした。そのため場所や面という観点から、より多くの人々に影響を与えたいと考えています。特に貴社は、舞浜という確固たる面を持ち、それを土台にテーマパークやホテル等、感動体験をもたらす事業を保有しているため、私の目標を達成できると確信しています。[/su_box] →志望理由・志望したキッカケ・将来成し遂げたいことまでを、少ない字数の中で簡潔に述べることができています。欲を言えば、なぜ影響の小ささに満足できなかったの、その理由を簡単に述べることができているとよりよい文章になります。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] 終わりに レジャー業界は人気が高いため志望動機で細かい差別化が求められます。志望理由を なぜなぜと掘り下げて具体的でロジカルな構成で制作しましょう。

広告

広告業界の志望動機の書き方と例文~電通など5社の選考通過ESを公開~ 「華やか」「かっこいい」といったイメージのある広告業界。毎年就活生から高い人気を誇っているため、選考通過のためにはライバルと差別化された志望動機を伝えることが大切です。この記事をもとに内定レベルの知識とノウハウを確認し、しっかりとした準備と対策を行っていきましょう。 広告業界の特徴 ここでは広告業界の動向・形態・職種について解説していきます。 広告業界の動向 近年の広告業界の売上は全般的に堅調な成長を見せています。  というのも、「オンライン動画」と「ソーシャルメディア広告」の成長によってデジタル広告費が著しく増加しているためです。モバイルやSNSとの連携が強まったことで広告と消費者との距離が縮まり、大衆向けの広告から個人の趣味や嗜好に合わせた広告へと変化しています。  しかし、テレビや新聞といったオフライン広告は厳しい状況にあり、既存媒体の広告は伸び悩みを見せています。 また、人口減少や経済成長率の低下による日本市場の鈍化に伴い、国内各社は海外展開に力を入れています。特に電通は積極的に海外M&Aを進め、現在の売上総利益の半分以上が海外事業となっています。 ◆数字で見る広告業界の現状参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。総合商社業界8社が対象(2018年-2019年) 広告代理店の各形態 広告代理店は取り扱う媒体や広告主によって主に3つに分類されます。 総合広告代理店 テレビや雑誌、交通広告、インターネット広告など様々な媒体を扱うのが総合広告代理店です。電通や博報堂、ADK(アサツーディ・ケイ)などがこれに当たり、あらゆる広告枠を扱うため、複数メディアに横断的にアプローチすることが可能です。また、会社として大所帯の企業が多く、グループ会社が制作や運用、管理をするという企業が多くあります。 専門広告代理店 総合広告代理店とは異なり、特定の媒体に特化して広告活動を行うのが専門広告代理店です。例としてインターネットメディアに特化しているサイバーエージェントなどが挙げられます。各業界のエキスパートが集まるため、提案やサポート内容、費用対効果などに強みがあります。 ハウスエージェンシー JR東日本企画や東急エージェンシーのように、特定の企業専属の広告代理店はハウスエージェンシーと呼ばれます。親会社やグループ会社が広告主となるため、仲介手数料が削減可能、意思疎通がスムーズ、親元の企業が存続する限り安定して事業を行える等のメリットがあります。 広告業界の主な職種 クリエイティブ職 広告のデザインやコンセプト策定、キャッチコピー考案などが主な業務です。広告の製作そのものに携わる職種であり、プロジェクトの全体像を決定していくなどの役割を担うため、広告代理店の要の職種です。 営業職 広告主となるクライアントの獲得が役目であり、クリエイティブ職と並ぶ要の職種です。実際には複数の代理店によるコンペという形が多いため、クライアント調査やプレゼン準備、自社とクライアントの調整などが主な業務となります。 マーケティング職 市場調査やターゲット調査、戦略策定などが主な業務で、代理店の「頭脳」的な役割を担います。広告ビジネスに関わる知識や経験、的確な判断力などが求められるため、難易度の高い仕事とも言えます。 広告業界の志望動機のポイント 広告業界はライバルが多いため、選考通過のためには採用担当者に強く印象を与える必要があります。なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに伝えましょう。 広告業界を志望する理由 広告業界は「クリエイティブ」や「かっこいい」といったイメージから、多くの就活生が志望します。そのため、志望動機には具体的かつライバルと差別化されていることが求められます。業界の動向で述べたデジタル広告への流れを踏まえながら、携わりたい事業やキャリアプランを明確に伝えていきましょう。 なぜその広告代理店なのか 広告業界を志望する理由だけでは、採用担当者の心には響きません。広告業界の中でもなぜその企業を志望しているのか、強みや事業形態などの特徴を調べて、競合他社と差別化しながら伝えていきましょう。特に広告業界は電通の売上高が圧倒的に高いため、競合他社を受ける際には「なぜ電通でなくウチなのか」など比較させる問いへの答えをしっかりと準備しておく必要があります。 求められる人物像 広告代理店では社外のクライアントに限らず、社内においても営業職やデザイナー職、マーケティング職など様々な人が協力して一つのプロジェクトに取り組むため、多様な人との関係を構築し、まとめていくコミュニケーション能力が必要です。 また、時代やトレンドに合わせて新しいものを生み出していくため、柔軟な発想力や創造性も求められます。ただ、これらは生まれつきのセンスによって決まるものではなく、「知識」と「どれだけ考えることができるか」の2つによって決まるものです。自分のクリエイティブさに自信がないという人は、これら2つを意識してみると良いかもしれません。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、クオリティと書き方を学び、自身の書類に活かしてください。 電通の志望動機の例文 [su_box title="電通を志望する理由を教えてください。"] [What]電通の何に惹かれたのか(200文字) 電通の「熱さ」に惹かれました。貴社は広告の他、オリンピックの招致や新規事業の創出など、社会のあらゆる場所に価値を創造してきました。一見途方もない課題や未踏の領域に対して、その独創性はもちろん、それを現実のものにする熱量に心を打たれました。また、その熱量は「信頼」を生んだと考えています。様々な人を巻き込み、常に期待を超えてきた貴社には、「電通なら」という信頼と「どことも組める」魅力があると感じます。 [Why]そのような考えに至った背景やきっかけはどのようなものか(200文字) 社員の方々との会話から、この考えに至りました。どの方からも目の前の仕事への誇りと将来的な企みを伺うことができ、貴社が必ず結果を残す所以は一人一人の熱意にあると実感したからです。私が "熱さ" に惹かれるのは、何かを成し遂げた経験には、一人と周囲の熱意があると感じるからです。ここから【課題解決×原体験を作る】という私の目標を、最大の熱意を持った環境をつかいながら実現したく思い、貴社を志望しています。[/su_box] →実際の事業や社員の方から聞いた話がもとになっており、自身の目標も伝えられているため具体的な志望動機になっています。  博報堂の志望動機の例文 [su_box title="博報堂を志望する理由を教えてください。"]あなたが博報堂/博報堂DYメディアパートナーズでチャレンジしたいことを教えてください。 本質的に良い情報やコンテンツをブランディングして世の中にあまねく届け、人々が幸福を感じる幅を広げたい。そのきっかけとして、日本の木材価値が高まる手段としてブランド化が有効だと感じたことを挙げる。私は森林学を専攻しており、日本の林業の様々な課題を痛感している。それらの解決策の中でも、ブランド化による日本材の発信は最も可能性の感じる手段だ。和牛も日本酒もブランディングで世界で成功する例となった。このように、絶対的に良いと思えるコンテンツを世の中に広げるという意味で、広告業界のビジネスモデルに興味を持った。数ある広告代理店の中でも貴社は特に「生活者発想」と「パートナー主義」の2点をビジョンとして掲げており、他社に比べパートナーと人々の両者に対し深い洞察力があると感じた。そのような企業で、双方の潜在ニーズをしっかり捉えて、より多くの人々、ひいては社会全体を幸せにしたい。[/su_box] →結論→きっかけとなる原体験→業界の志望理由→博報堂の志望理由→やりたいことの順で、論理的かつ分かりやすく書かれています。 ADKホールディングスの志望動機の例文 [su_box title="ADKホールディングスを志望する理由を教えてください。"]あなたがADKで実現したいことについて 人の心を動かし世の中を湧かせるという私の目標を実現したい。学生時代所属していたアメフト部において、勧誘に苦しむチームの為に自ら企画したPV制作によって新入生・部員関わらず感動させ、例年の倍以上の人数を獲得した。この経験から人の心を動かす企画作りに興味をもった。 クライアントの課題を解決する為に、心に響く表現を考え、社内外のチームで作り上げ、実際に心を動かして解決するという広告代理店を志望している。中でもクライアントに貢献するために個性と能力を発揮することを追求しておられる貴社でこそ、よりクライアントと自社の一体感を感じながら、人の心を動かすことを実現できると考える。[/su_box] →こちらの志望動機も結論→きっかけとなる原体験→業界の志望理由→ADKの志望理由と、論理的で分かりやすい構成になっています。 サイバーエージェントの志望動機の例文 [su_box title="サイバーエージェントを志望する理由を教えてください。"]あなたがサイバーエージェントでやりたいことはなんですか?その理由を教えてください。(300文字以内) 貴社でやりたいことは、貴社の既存の顧客をターゲットとして、グローバル化を視野に入れた新規事業に挑戦して見たいです。理由として大きく分けて二点あり、まず貴社が獲得して来た既存の顧客をターゲットとすることで、収益が上げられると考えたことと、東京オリンピックの影響もあり、来日する外国人の数がこれから大きく増えると考えているため、グローバル化を視野に入れた新規事業が必要だと感じていることです。具体的には、二つの新規事業を考えていて、日本に来た外国人のツアーガイドを一般の人がするというコミュニティ作りと、来日した外国人に向けたインターネット広告事業をやってみたいです。[/su_box] →設問と文字数の関係上仕方ないのですが、「どうしてそのような考えに至ったのか」という原体験についての記述があるとより具体的な内容になると思います。また、「挑戦して見たいです」のような誤字には気を付けましょう。 東急エージェンシーの志望動機の例文 [su_box title="東急エージェンシーを志望する理由を教えてください。"]入社後に選択した応募コースで、あなたはどのように活躍したいと思いますか。具体的に記述してください。(400文字以内) 私は出会いを通じ、人々に笑顔や活力を与え、生活を豊かにしたいと考えている。出会いとは人と人との出会いだけでなく、場所・商品との出会いである。出会いを生み出し、企業と消費者を繋ぎたいと考える。それを実現できる業界はコンサルティングなど様々あるが、人の心を動かし笑顔にさせることにやりがいを感じるので、生活者に直接アプローチできる広告業界を志望している。広告会社の中で何故貴社かというと、東急グループなため生活者との接点がより多くあることや私の生活圏内にある親近感を覚えたためである。私は、自ら企画し課題を解決できた経験からプランニング職に挑戦したいと思う一方で、アルバイトで培った関係性を築く力を活かして、営業・メディア職にも挑戦したいと考えている。現時点では一つに絞ることができていないが、企業と生活者のニーズを汲み取り、私だからこそのアイデアで課題を解決し、人々の生活を豊かにできる活躍をしたい。[/su_box] →結論と業界の志望動機、東急エージェンシーの志望動機がそれぞれ明確に記述されています。きっかけとなる経験をもう少し具体化できるとより良い志望動機になると思います。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ 広告業界は就活生からの人気が高いため、上記の例文のようにレベルの高い志望動機が多くあります。この記事をもとにロジカルで具体的な志望動機を作成し、志望企業の内定を勝ち取りましょう。  

サービス

サービス業界の志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~ サービス業界は、人材、教育、介護、警備、飲食と様々な業種が含まれる業界です。その中でも大手であれば学生からの人気が高く、倍率が高い企業も多くあります。 そのため、志望動機の質を上げなければ内定を勝ち取ることはできません。サービス業界のデータや特徴を今一度把握し、例文を参考に書き方のコツを掴みましょう。 サービス業界の特徴 ここでは小売業界の動向・業種・職種についてを解説してきます。 サービス業界の動向 サービス業界は、世の中のニーズに合わせ「形のない価値」を提供することで、人々のニーズを満たすことを行う業界です。 サービス業界の業界規模(=売上)は、2007年から2011年までは横ばい傾向にありましたが、2012年から2018年にかけて上昇傾向にあります。2019年はほとんどのジャンルで前年と比べて増加しました。 今後は、オリンピックの開催や、人口減少、働き方や暮らし方の多様化などにより、さらなる市場の拡大が期待されています。 ◆数字で見るサービス業界の現状 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。小売業界334社が対象(2017年-2018年) サービス業界の業種 様々な業種の中でどの業種を選ぶべきか、特徴と差別化ポイントを勉強しておきましょう。 人材 人材業界は、「人と企業をつなぐ」仕事を行います。人材業界は「人材紹介・人材派遣・求人広告・人材コンサルティングの4つに分類することができ、それぞれでビジネスモデルは異なります。 人材派遣は、人材派遣会社が求職者と雇用契約を結び、企業に人材を派遣するビジネスモデルです。求職者は人材派遣会社と雇用契約を結ぶため、お給料は人材派遣会社からもらう形になります。 人材紹介は、企業と求職者を紹介を通して繋ぐビジネスモデルです。求職者は、人材紹介会社に登録し、紹介された企業と雇用契約を結びます。そのため企業と雇用契約を結ぶことで企業からお給料が支払われます。 求人広告は、企業が採用を目的として掲載する広告を指します。求人広告には業務内容から報酬・福利厚生といった情報が掲載されており、求職者はそれを見て希望する会社を探しエントリーすることが可能です。 人材コンサルティングは、企業の人材に関わる制度に関するコンサルティングを行います。企業に介入し、採用制度、人事制度をはじめ事業課題を見つけ、多角的に分析、解決策の立案や実行支援を行います。 上記のように分類される人材業界ですが、まとめてみると人材業界自体の市場規模は9兆円と高い水準です。 しかし、将来的にこの高い水準を保てる保証はありません。近年、日本で叫ばれている社会問題の1つに労働人口の減少が挙げられます。2016年では約6600万人いるとされている労働人口ですが、2040年には約5200万人弱にまで減少すると言われています。 [su_highlight background="#feedd5"]人材業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■営業 人材の採用に困っている企業にヒアリングを行い、課題に合わせた最適な採用手法を提案。企業の雇用創出や労働問題の解決に携わります。 ■キャリアアドバイザー 求職者に求人情報の紹介だけでなく、求職者がやりたい仕事、向いている仕事をカウンセリングから読み取り、その人の能力が活かせる職場の提案、選考対策までをサポートするといった、キャリア選択のアドバイスやコンサルティングを行う仕事です。[/su_note] 教育 教育業界は、塾や英会話といった人の教育に関わる業界です。教育業界の中でも、教育する対象や教える内容によって3つに分類されます。幼稚園から大学進学を目指す子供向けの「予備校や塾を運営する企業」社会人向けの「言語・資格を取得するための学校を運営する企業」そして、企業向けの「社員研修を行う企業」です。 最近では、教育機関のグローバル化、オンライン化が加速し、予備校や学習塾の分野でもオンライン化が進んでいます。オンライン化が進むことにより、受講料が安くなり受講者が流れるため、教室を設けた予備校や学習塾は差別化を図っていく必要があります。 [su_highlight background="#feedd5"]教育業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■講師 講師は、皆さんにもイメージがある様に、生徒に対して学習指導を行う仕事です。科目ごとに別れ、対象の生徒の学力や目的に合わせて授業をしたり、進路の相談に乗ったりします。 ■サポートスタッフ サポートスタッフは、試験問題の研究や、授業で使用する試験やテキストといった教材の編集・作成を行います。入試対策やその年の教育制度に合わせた教材を作成する必要があるため、最新情報をキャッチアップしていくことが必要です。 ■事務・販売促進 事務・販売促進では、生徒指導や校舎の運営、また新規生徒の募集活動や保護者に対しての懇談・広報、マーケティングといった、運営を支える仕事を行います。[/su_note] ブライダル ブライダル業界は結婚式場をはじめ、挙式サービスを行う業界です。市場規模は2,652億円と小規模で、リピーターはほぼゼロに近い特殊なマーケットと言われています。 近年、結婚を必要としない新たな夫婦のスタイルが形成され、日本国内の婚姻件数は年々減少傾向にあります。それにより結婚式を挙げる人も減少しており、今後はさらに拍車がかかり、縮小していくことが予想され、業界全体としては苦しい現状です。 また、結婚式を行う新郎新婦の動向も、一生に一度だからお金を気にせず盛大に行いたいという考えと、式自体にはお金を掛けず新婚旅行や新居にお金を掛けたいという考えに二極化しています。 新たな挙式の提案やハデ婚、地味婚、アットホーム婚、シェアド婚と変化してきた挙式の新たな形に沿ったサービス展開が、今後は必要となりそうです。 [su_highlight background="#feedd5"]ブライダル業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■プランナー ブライダル業界の花形とも言える職種であるプランナーは、結婚式全体をプロデュースする仕事です。 結婚式の内容から衣装選び、スケージュリングなど式に関わる全てのことに携わります。 顧客である新郎新婦やその家族を含め、コミュニケーションをとる機会が多く、相手の要望を引き出しながら提案していく力が求められます。 ■アテンダー アテンダーとは、新郎新婦の付添人としてサポートを行う仕事です。主に当日の進行をサポートし、式のスケジュールを伝えたり、お色直しの手伝いをするなど新郎新婦に関わる仕事を一手に担います。 ■サービススタッフ サービススタッフは披露宴などで料理の配膳などを行う仕事です。式当日のサービス全般を受け持つこともあり、当日参列したお客様の荷物のお預かりや式中の音楽やスポット演出を行うこともあります。 また、会場でのトラブルに対応するのもサービススタッフの仕事です。そのため素早い判断力や臨機応変に動く力が求められます。[/su_note] 介護 介護業界は、高齢者や障がい者など、日常生活に何らかの支援を必要としている人に対して、様々な形でサービスを提供する業界です。 介護サービスには、介護を受ける人が自宅に住みながら利用できる居宅サービス、介護老人福祉施設などに入所している人が利用する「施設サービス」に分けられます。 高齢化が著しい日本において、介護は最も大きな社会課題の1つです。特に近年は急速な高齢化と就業人口の減少により、人手不足に陥っています。 厚生労働省によると、2025年における介護業界の人材需要が253万人とされているのに対して、人材供給は212万人ほどにとどまると予想されています。そのため、人材確保が急務となっています。 [su_highlight background="#feedd5"]介護業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■介護職・ホームヘルパー 介護職・ホームヘルパーは、要介護者の日常生活をサポートする仕事です。主に入浴や着替えの介助といった直接身体に触れて行う介護から、調理や洗濯といった身体に触れずに日常生活を送る上で必要なサポートを行います。 基本的に介護施設や要介護者の自宅にて仕事を行います。 ■看護助手・介護助手 看護助手は、病院やクリニックなどの医療現場で看護師の資格がなくてもできるベッドメイキングや衣類の管理、患者の身の回りの世話といった業務を行います。 介護助手は、介護施設で介護資格がなくてもできる業務を行います。具体的な内容はベッドメイキングやシーツの洗濯、掃除や備品の補充と看護助手と概ね変わりません。 ■相談員 相談員は、施設の利用希望者やその家族の相談に乗り、適切な対処に繋げる仕事を行います。身体介護や生活援助といった介護業務は行いませんが、介護保険や法律を含めた幅広い知識を必要とされる仕事です。 社会福祉士や社会福祉主事任用資格、精神保健福祉士といった資格が必要です。 ■サービス提供責任者 通称「サ責(サセキ)」と呼ばれる訪問介護サービスの提供責任者で、利用者の家を訪問しニーズをふまえて訪問介護計画書を作成します。利用者やケアマネージャー、ホームヘルパーの間に立ち調整・交渉しながら実施に向けて動く仕事です。 ■ケアマネージャー 介護サービスの計画書を作成し、医師や相談員、サービス提供責任者などの関係者と連携しながら、円滑なサービスの設計を行います。 ケアマネージャーは最初にケアプランを作成するだけでなく、きちんと実施されているのかをチェックするところまでが仕事です。[/su_note] 警備 警備業界は、施設警備、現金輸送、ボディガードといった、警備に関する業務を行います。近年、警備業に対する関心が高まっており、一般家庭へのホームセキュリティの普及やコンビニエンスストアのATM導入による現金運搬警備業務の需要が増大し、人々の生活を守る仕事として定着し始めています。 しかし、自分の身が守られている訳ではなく、常に危険と隣り合わせの仕事でもあるため就業している人口は少なく、人材確保に苦戦している状態です。今後は人材確保に加え、テクノロジーの導入に関する動きが強まるでしょう。 [su_highlight background="#feedd5"]警備業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■警備員 警備業界の仕事といえば、警備員です。警備員とひと言で言っても、その種類は様々で1号業務〜4号業務の4種類に分類されます。 ・1号業務:日本の警備魚介の仕事の50%を占めている業務で、施設や空港警備、機械警備を行います。 ・2号業務:イベントなどの人が多く集まる場所での交通誘導や雑踏警備を行う業務です。 ・3号業務:貴重品や核燃料等、重要品を運搬する際の事故の発生を警戒し、防止する仕事です。 ・4号業務:一般的にボディガードと呼ばれる仕事で、身辺警備や緊急通報サービスを行う仕事です。[/su_note] 飲食 飲食業界の業界規模は2007年から2018年まで緩やかな増加傾向にあります。また近年、TPP合意により材料費が安く済むようになったことや、共働き世帯や単身世帯の増加が追い風となり、業界は全体的に好調です。 最近、ファミレスではお一人様需要を見込んだ1人客用のボックス席を設けた店舗の設置、居酒屋では集客を目的としたサブスクリプションモデル型サービスの導入など新たな動きがあります。 ただし業界全体が人手不足という問題があります。人手不足により営業時間の短縮が求められるようになり、それらをITで解決しようという動きも見られます。 [su_highlight background="#feedd5"]飲食業界の職種[/su_highlight] [su_note note_color="#ffffff" radius="2"]■研究開発 研究開発では、店舗で提供する商品のレシピ開発や研究を行います。世の中の流行や、栄養バランス、予算などを考えながら開発していきます。 ■販売促進(販売促進・エリアマネージャー・スタッフ教育) 販売促進は、店舗の売上を上げるためにキャンペーンの企画立案やポスターの作成など店舗業務の支援を行います。 これにはエリアマネージャーも含まれ、特定のエリアの責任者としてエリアの売り上げや予算の管理、スタッフ教育、販売調理と仕事も担います。 ■店舗開発 店舗開発は、新店舗の出店に向け市場調査や店舗物件の発掘、競合他社の調査などマーケティング的仕事を行います。特に飲食店は出店する立地が重要な要素となるためその店舗の将来を担う重要な仕事です。 ■店舗スタッフ(店長・接客スタッフ・調理スタッフ) 店舗スタッフは最も人材が多く必要な仕事です。一般的にバイトやパートがほとんどで、各店舗の接客や調理を手がけます。店長は、店舗売り上げを達成するためのマネジメントをはじめ、在庫管理やアルバイト・パートスタッフの勤怠管理なども行います。[/su_note] 志望動機の作り方のポイント サービス業界は業種が多いため採用担当者になぜこの業種・企業を選んだのかをしっかり伝えなければ書類選考を通過できません。なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに書きましょう。 サービス業界の志望動機に必要な3つの要素 なぜその業界か、業種か、会社か。この3店の深堀りが必要不可欠です。 まず業界について。サービス業界は人の欲求を叶えることを主な仕事とした業界です。「いい仕事に就きたい」「美味しいものを食べたい」「楽したい」と言った”顧客の欲求を満たす”ことで対価を得ています。その中でどんな仕事に携わりたいか、サービスを提供する仕事ならではの理由を書きましょう。 次に業種について、サービスは業種の人材・教育・介護・警備・飲食など様々な業種が含まれています。お客様にどのサービスを提供したいのか、どの様に役に立ちたいのかを考えておくようにしましょう。 最後に企業について。その企業がどんなサービスを強みとしているのか、同業他社と比較した際にどういった点を強みとし、今どの様な課題を掲げているのか、またその中でもどんな職種でどのに働いていきたいのかといった、企業・職種ごとの特徴を調べましょう。 それが終わったら強豪と比較してください。そうすれば自ずと各社ごとの特徴が明確になります。 サービス業界で求められる人物像 接客や販売など、消費者と直接触れ合うことが多い仕事であるため、コミュニケーション能力は必須です。また、一人一人の売り上げが店舗の売り上げに繋がり、ひいては会社の売り上げに繋がります。 そのため、お客様のニーズに沿ったものを瞬時に提案し、魅力づけをして販売できる臨機応変さや提案力が求められます。その時のトレンドにも精通しておく必要があるので先を見通す力も必要とされるでしょう。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、クオリティと書き方を学び、自身の書類に活かしてください。 人材の志望動機の例文 [su_box title="◾️志望動機(400)"]多くの人の人生をより豊かにしたいと考えているからです。私は、個別指導塾で3年間アルバイトをしてきました。そこで、多くの生徒の受験という人生のターニングポイントに携わり、私の力で、サポートしていきました。このような活動を通して、誰かの人生の分岐点に携わっていくことのやりがい、達成感などを感じてきました。 そのため、貴社での仕事を通じてより多くの人の人生を良い方向へと変えていきたいと考えています。 また、農業支援を行いたい、という野望もあります。大学のゼミ活動で、横浜市の地産地消を推進させる活動を行ってきました。そこで、農業の後継者不足問題を身近に感じてきました。そこで、その問題を解決するためにも、退職した人などを対象に第二の人生として農家になる道を広めていたいと考えています。そうした退職者のターニングポイントに農業の観点から携わっていきたいと考えています。 こうした活動は、人生の分岐点に着目している貴社だからこそできると考え、貴社を志望します。 [/su_box] →志望動機を自分の経験に基づいて書くことができています。しかし、この企業である理由が少なく、他の企業にも代用できそうな内容担っているので、この会社である理由をもっと書けるとより良くなるでしょう。 教育の志望動機の例文 [su_box title="◾️当社への志望動機をお書きください。(400字以内)"]私は貴社のビジネスを通して自分らしい自由な生き方を考え抜く面白さを発信し、一人でも多くの人々が生き生きと暮らす社会作りに貢献したいと思い志望致しました。米国留学時にそのような生き方を垣間見て、そして大学で研究しているモンゴル国の持続可能な環境作りのための生き方を学び、「よく生きる」とはどういうものなのかを真剣に考えるようになりました。今後教育や働き方において大きな改革が行われるこの国だからこそ、自分の生き方を自ら熟考し選択していくことがより必要とされていくべきです。  そこで私は、その考え方を身につけて物事を考え抜くことの面白さを実感できるサービスの開発に熱意を持って取り組みたいと考えています。全国の教育機関と太いパイプを持ち、教育において強い影響力を持つ貴社でそのサービスを実現させ、将来を担う世代を育てる教育や活力溢れる社会を支援し続けることが自らのやり甲斐になると強く確信しています。 [/su_box] →結論⇨きっかけ⇨今後どうしたいかと志望動機が論理的に述べられています。また企業について特徴を端的に捉え簡潔に述べることができています。 ブライダルの志望動機の例文 [su_box title="◾️志望動機"]私が御社を志望した理由は、過去のアルバイト経験にあります。私は大学生の頃、アパレル関係のアルバイトをしていました。最初は人と接することにたくさんの苦労をしましたが、それでも3年間アルバイトを継続していく中で、人と接することに大きな喜びを感じるようになりました。アルバイトを通して社交的になり、もっと多くの人を笑顔にしていきたいと感じるようになった頃、御社の経営する結婚式場で大学の先輩の結婚式が行われました。御社のスタッフのみなさんの最高のおもてなしは、新郎新婦ばかりでなく、参列者である私たちも受けることができました。本当に丁寧な対応に感動し、結婚式場を調べて御社の事を知りました。私も新郎新婦が輝ける、最高の結婚式を演出するお手伝いをさせていただきたいと感じ、御社を志望しました。[/su_box] →自分の経験から、なぜこの仕事がしたいのかをわかりやすく伝えることができています。どんなことに苦労したのか、それをどう乗り越えたことで人と接することに喜びを感じる様になったのかを書くとより、人事に自分について伝えられる文章になります。 介護の志望動機の例文 [su_box title="◾️志望動機を教えてください"]すべての人たちの豊かな人生のためにサービスを提供しているところに魅力を感じたからです。大学では子どもの教育について学んでいましたが、1年間被災地に住む高齢者の方との関わりや介護等体験を通して、子どもだけではなくすべての人に未来があるということに気づきました。「明日も楽しみにしているよ。」という言葉をもらい、自分が関わることで相手が笑顔になってくれることにやりがいを感じ、人の人生に関わる仕事がしたいと考えるようになりました。すべての人の人生に寄り添う幅広い事業展開をしている貴社を志望いたしました。[/su_box] →なぜ介護業界に興味を持ったか、きっかけをしっかりと伝えることができています。文字数に余裕があれば、幅広い事業展開の中でも特にどの事業に興味があるのか、そこでどんな風に働いていきたいのかを書くことができれば、人事に働くイメージを持ってもらいやすくなり選考通過に繋がるでしょう。 警備の志望動機の例文 [su_box title="◾◯◯社に興味を持った理由をお聞かせください。また、◯◯社でやりたいことは何ですか?(200字以内)"]私は警備業界に入り、高信頼のセキュリティシステムの開発を通じて社会の安心を支えたいと思っています。貴社は警備業界におけるトップカンパニーであり、貴社でなら高い技術力・研究開発力を活かして社会の安全を支えるシステム開発に携わることができると考えました。貴社に入社後は、学生時代に学んだ画像処理・認識や人工知能技術を磨き、顔認識によって不審人物を早期発見・警報し犯罪を未然に防ぐシステムを開発したいです。[/su_box] →自らが学んできたことを、実際の業務に絡め活かしていけることを示すことができています。具体性もあり、わかりやすい文章です。 飲食の志望動機の例文 [su_box title="◾️○○社を志望する理由を教えてください。"]私が御社を志望する理由は、主に2つあります。まず1つ目は、私の就職活動の軸である2つ「食に関わること」と「人と関わること」に御社が非常に合致していると感じたことです。2つ目は、御社のインターンシップに参加した際に、人事の方が皆さん気さくでとても良い社風だと感じたからです。私、自身が見ての通りしゃべることが大好きなため、同じようにお話が大好きな方々をみて自分とあっているというように感じました。また、外食産業というものは直接お客様と関わることが多く、その分喜びも大きいと思います。そして、私の長所でもある明るさ、元気さが活かせると思います。御社で私の長所を活かし、活気ある店舗運営を積極的に行い、御社に貢献したいです。 [/su_box] →自分が明るい人間であるということは非常に伝わる文章です。しかgこの企業でなければならなかったのか、他の企業ではだめな理由が伝わりません。自分の経験をより深堀りし企業との共通点を具体的に書くとより納得感のある文章になるでしょう。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ サービス業界は人気が高いため志望動機のレベルも高い。志望理由をなぜなぜと掘り下げて具体的でロジカルな構成で制作しましょう。

百貨店

百貨店の志望動機の例文・書き方~三越伊勢丹など3社の選考通過ES公開~ 小売業界の中でも華やかなイメージを持つ百貨店。三越や高島屋など馴染み深い方も多いのではないでしょうか。百貨店にはそれぞれ特徴があるため、志望業界や業務内容を把握した上で、志望動機の例文を参考に書き方のコツを掴みましょう。 百貨店業界の特徴 この章では百貨店の動向と特徴について解説していきます。 百貨店の動向 そもそも百貨店とは、小売業界に含まれるデパート産業です。百貨店を志望する上でまず抑えておきたいことが、「ネット通販」と「コト消費」です。 時間帯を選ばず気軽にショッピングが楽しめるECサイトは、若者の百貨店離れを加速させています。そのため各百貨店も、自社のECサイトの強化が不可欠だと考えられます。 次に人々の消費の対象がモノからコトに移っている点です。そもそもコト消費とは、「体験、時間、思い出」など、商品を買いサービスを使うことで得られる体験に重きを置き、価値を見い出す消費傾向のことを指します。 消費者のニーズが「モノ消費」から「コト消費」へ変化している今、百貨店も店舗内にヨガやエステ、ホテルなど体験型の売り場を拡充する動きも見られています。 百貨店を取り巻く様々な現状から、百貨店のいくつかは経営統合やリニューアルに着手しています。 例えばJ.フロントリテイリング(大丸松坂屋)は、坂屋跡地に銀座エリア最大の商業施設GINZASIXを開業したり、高島屋は日本橋本店の隣に高島屋ショッピングセンターをオープンしたりと新しい百貨店のカタチを模索しています。 ■数字で見る百貨店業界の現状 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。百貨店業界23社が対象(2018年-2019年) 百貨店業界の主な仕事内容 販売 実際に店頭に立って接客と販売をするほか、商品の発注、在庫管理、伝票処理なども行います。お客さまのニーズを汲み取った最適な商品提案が求められるため、販売職だけでなく総合職の方も、はじめは店頭に立つことが多いです。 バイヤー バイヤーとは商品を仕入れたり、ブランド側と交渉して新規開拓を行ったりする立場の人です。バイヤーは売れる商品を仕入れる必要があるため、日頃からトレンドに敏感でなければなりません。 販売企画 物産展や有名ブランドとのコラボを企画・運営することで販売促進を行います。今まで百貨店を訪れたことがない層にもPRするために、アニメとコラボするなどの、斬新な企画力によって魅力ある売り場を作り出します。 営業 最後に営業ですが、大きく分けて法人営業と外商営業に分けられます。法人営業では、企業に対してユニフォームを制作したり、ノベルティを作ったりしています。次にお客様のところに直接出向いて、商品の販売や注文を受けるのが外商営業の仕事です。このようなお客様は百貨店の経営に直接影響する大口顧客のため、外商営業は重要な業務と言えます。 志望動機を作るために用意すべき3つの「なぜ」 百貨店業界に限らず志望動機には一貫性と論理性が求められます。深く、細かい理由が必要ですが、最低限3つの「なぜ」を言語化した上で作成しましょう。 「なぜ」百貨店業界を志望するのか 小売業界の中で、スーパーやコンビニではなく、なぜ百貨店業界なのかを説明する必要があります。 百貨店業界を選んだ理由を答えるためには、上述した業務や動向の他に、百貨店だからこそ提供できる価値を知っておく必要があります。 過去の経験と考えをもとに、どんな軸で業界を選んでいるか明確にしておきましょう。 「なぜ」その百貨店を志望するのか 百貨店といえども、各会社によって特徴は様々です。 例えば、ファッションに強くデジタル化を推し進めている三越伊勢丹や大阪に本社を構え「まちづくり」という視点を持って百貨店経営を行う高島屋など、百貨店の特徴を踏まえて個社ごとの志望動機を伝えることが重要です。 そこで、企業理念や取り組みを比較するだけでなく、インターンやOB・OG訪問、店頭での接客を観察して自分だけの志望動機を作れると良いでしょう。 「なぜ」自分が必要なのか 百貨店で働くにはまずお客様が何を求めているのか、それを知らなければ販売・バイヤー・企画などほとんどの業務はこなせません。 そのため、常にお客様視点に立ちニーズを把握することが求められます。そして変化の激しい百貨店業界は、百貨店という枠に捉われず常に新しいことにチャレンジしていく人材を欲しています。 これらを志望動機に盛り込み、自分が会社に入社する場合、どのように貢献できるかアピールすることが重要です。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"] (1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 三越伊勢丹の志望動機の例文 [su_box title="■志望理由(300字)"]私は「お客様に驚きと感動を提供し、新しい価値を生み出す仕事」がしたいと考え百貨店業界を志望しています。これはスターバックスコーヒーでのアルバイトを通じて自分がそういった仕事にやりがいを得ることを強く実感したためです。接客を通じてお客様の本質的なニーズを察知し、期待以上のおもてなしや商品を提供することで、喜んで頂けたときに非常に充実感を得ました。そのため、百貨店の中でも「おもてなしの精神」のある貴社を志望しています。「喜び」や「感動」が自身の活力になることを実感した経験から、私の強みである「高いホスピタリティ精神」と「達成力」を武器に「お客様のために最高のおもてなしを提供したいと考えています。[/su_box] →自分の経験からなぜその百貨店がいいかについて述べられています。 高島屋の志望動機の例文 [su_box title="■志望動機(150文字以内)"]私は店舗だけでなく街全体を活気づけたいという思いから、貴社を志望します。きっかけは、ボランティア活動の経験です。ボランティアを続ける中で、街全体に活気が戻らなければ真の復興とは言えないと気づきました。そこで貴社が行っている「まちづくり戦略」によって、館から街全体に広がるような活気をもたらしたいです。 [/su_box] →150字以内なので志望業界については省略されています。面接では深堀りされると思うので、論理的に話せるよう準備しておきましょう。 J.フロントリテイリング(大丸松坂屋)の志望動機の例文 [su_box title="■志望動機(400字以内)"]私は人の暮らしをより豊かなものにする仕事に就きたいと考えており、サービスや商品によって新しい価値を提供することができる百貨店業界に興味を持ちました。百貨店の洋菓子店でのアルバイトを3年間続けている経験の中で、百貨店は商品やサービスだけではなく新しい文化との出会いでお客様を楽しませる場だと感じました。その中でも貴社は特別な買い物だけではなく「くらしのあたらしい幸せを発明する」ということをビジョンとし、日々の不満や不安を解消することを重視しているという点に魅力を感じました。今の百貨店という業態に危機感を持ち、将来を見据えて時代の変化に合わせた明確な取り組みをここまで推し進めている百貨店は貴社だけだと感じます。私はそんな貴社の一員として今まで部活動の経験で培った自身の向上心を活かし新しいことにもどんどんチャレンジしながら共に成長していきたいと考えています。 [/su_box] →なぜその業界か、なぜその百貨店か、なぜ自分かをしっかりと伝えています。特に自分の経験から導き出した考えをESに落とし込めているので一貫性が出ます。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ 百貨店業界は人気が高く、十分な業界研究や企業研究が必要です。他の就活生と差をつけるためにも、読みやすく一貫性のある志望動機を作りましょう。

エネルギー

エネルギー業界の志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~ エネルギー業界は社会インフラとして社会貢献度も高く、就活生に人気の業界です。また入社ハードルも高いと言われており、選考を突破するためには説得力のある志望動機が必要となります。 そのためには、業界の特徴や仕事内容などの業界理解が必須です。本記事で紹介している志望動機の例文を参考に書き方のコツを掴んでいきましょう。 エネルギー業界の特徴 この章ではエネルギー業界の動向や業種、職種についてわかりやすく解説していきます。 エネルギー業界の動向 エネルギー業界を大きく分けると「電力」「ガス」「石油」の3つに分類することができます。 電力とガス業界では、販売の自由化によって様々な企業が業界に参入してきたことにより、企業間の競争が激しくなると考えられます。 石油業界に関しては、海外からの輸入に頼っているため安定して確保できる保証はありません。そのため業界では早めに石油から太陽光や風力のような再生可能エネルギーへの変換などと事業を幅広く展開している企業が増加しています。 このようにどのエネルギーに関しても、時代の流れや政策方針に対応し続けなければならないという点が特徴と言えます。 ■数字で見るエネルギー業界の現状 電力業界 ガス業界 石油業界 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。電力業界12社、ガス業界17社、石油業界11社が対象(2018-19年) エネルギー業界の業種 様々な業種の中でどの業種を選ぶべきか、特徴と差別化ポイントを勉強しておきましょう。 電力 電力業界の主な業務内容は家庭や工場、ビルなどに電力を届ける仕事です。 具体的には発電、送電、配電、営業と4つの事業を行っています。 電力業界は今まで、地域独占型により企業間での競争があまりありませんでしたが、2016年の「電力小売全面自由化」を受け、様々な電力会社が自由に電気を売ることができるようになったため、企業間競争が激しくなると言われています。 ガス 具体的な仕事内容としては営業、研究・開発、設計などを行い、最終的にそれらのガスを家庭や工場などに届けています。 全国で原子力発電所が停止し火力発電の割合が増えていることにより、火力発電の燃料となるガスの需要が高まっています。その影響によりガス業界の業績は好調と言えます。 しかし、先ほども述べましたが、ガス業界も電力業界同様、「電力小売全面自由化」によって企業間の競争が激しくなっています。 さらに、電力の自由化に伴い2022年には全ての会社が同じ条件でガス管鋼を共用できる「導管分離」が行われました。大手ガス会社の最大の強みであった、ガス管インフラの独占状態がなくなることから、どの企業も安泰ではないと言われています。 石油 ガソリンなどの燃料となる石油は人々の生活にはなくてはならないものです。 石油業界の業務内容は燃料を企業や家庭に届けたり、合成繊維の製造を行っています。その他にも石油の採掘も行っています。 また最近では、地球温暖化対策として、二酸化炭素を多く排出する石油などの燃料の使用を抑制し、太陽光発電やバイオマスなどの再生可能エネルギー、水素エネルギーなどへの代替に取り組み始めています。このことから順調に業界規模を拡大させています。 しかし消防法の改正や人口減少により中小企業などが廃業に追い込まていたり、ガソリンなどの燃料油の販売数が年々減少しているという面もあります。 エネルギー業界の職種 職種によって業務内容も異なってくるため、自分がやりたいことは何なのかや、キャリア形成のイメージをある程度もって入社する必要があります。 営業 電力業界は法人営業と家庭営業の2つがあります。 法人営業では、ビルや工場や病院などにコスト削減や環境対策などに対するソリューションを提案し、家庭営業では、一般家庭に最適な料金メニューやシステムを提案します。 ガス業界では業務・産業用営業と家庭用営業があり、業務・産業用営業では工場・病院・学校・ディベロッパーなどに対して、エネルギーのコストや省エネ等のソリューション営業を行っています。 家庭用営業では、家庭用設備やガス製品をマンションディベロッパーやハウスメーカに対して営業します。また、新規顧客を獲得するために、各家庭を回ったり、イベントを開催したりもしています。 石油業界はガソリンスタンドを運営する特約店などに対し、石油製品の卸営業や提案、経営のサポートなども行っています。その他にも潤滑油かや石油化学製品の販売からメンテナンスなどを行う技術営業職もあります。 技術 エネルギーの技術職はとても幅広いです。 電力業界では発電・送電・変電・配電や、発電所の運転および設備、発電所や変電所建物などの計画・設計や工事監理および維持管理を行います。 ガス業界は施工管理、家庭や企業などで使用しているガス管などの点検・修理、設備管理などを行います。 石油業界は、インフラ開発として石油施設の設計や建設、石油精製設備の運転・保守・管理・点検・改善などです。またインフラ開発では、石油やガス資源を実際に採掘して調査を行います。 志望動機の作り方のポイント エネルギー業界は人気業界であるからこそ、他の就活生と差別化を図り、採用担当者に強い印象を与えなければ書類選考を通過できません。なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに書きましょう。 エネルギー業界の志望動機に必要な3つの要素 まず業界について。エネルギー業界の仕事は生活に欠かせないものであり、暮らしを作る仕事とも言えます。 そのため、ガスや電力、石油などを通じて人々のより良い暮らしをサポートしたいなどといったエネルギー業界ならではの理由を入れましょう。 次に業種について。例えば、電力業界であれば家庭や工場などに電力を届ける仕事であり、何かミスがあった場合、たくさんの人の生活に支障をきたしてしまいます。そのためとても責任感が求められる仕事です。 他にもガスや石油などの業種によって、仕事内容は異なってくるため、なぜこの業種が良いのかを語れるように仕事内容は必ず把握しましょう。 最後に企業について。企業によって事業内容や戦略などは異なります。エネルギー業界も同様に自由化などを受け、各企業が様々な対策を行っています。 そのため、各社の対策や方針に対し自分の将来のビジョンを照らし合わせ、なぜこの企業が良いのかや、この企業でなければいけない理由を探してみてください。 エネルギー業界で求められる人物像 エネルギー業界の仕事は人々の生活を支えている仕事であり、大きな事故にも繋がりやすい側面もあるため、ミスは許されない仕事です。そのため自分の仕事に対する責任感や使命感が必要となります。 また業界内の変革に伴い、企業間での競争が激しくなると上述しましたが、競争が激しいということはお客様に選ばれる必要があるということになります。 つまり、相手の立場になって物事を考えられる力や、目標に対して主体的に行動できる力が求められると言えます。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 ■志望動機の構成例 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、クオリティと書き方を学び、自身の書類に活かしてください。 電力業界の志望動機の例文 [su_box title="〇〇を志望した理由を教えてください。また入社後あなたがやってみたい仕事、あなたの強みを活かして実現したいことなどについて具体的に教えてください。(400文字以内)"]私は人々の暮らしの当たり前を支えたいという想いをもち就職活動を行っています。東日本大震災、北海道胆振東部地震を経験し、人々の暮らしにおいて電力は必要不可欠であると感じ安定供給に携わりたいと思い志望しました。その中でも貴社を志望する理由は、変革期を迎えているエネルギー業界で新たな価値創造への挑戦の姿勢に惹かれたからです。貴社は品質に差がないエネルギーに多様なニーズに応えた新たな価値をつけサービスを提案されています。電力販売にとどまらない総合エネルギー企業としての姿勢に魅力を感じました。私は入社後新たなサービスの開発・提案に携わりたいと考えます。貴社のインターンシップに参加し、電力自由化された市場での戦略の難しさを体感しました。私の強みのお客様視点で考えることを活かしお客様のニーズを把握し、新たなサービス開発やソリューションの提供に貢献し快適で安心な暮らしを実現したいです。[/su_box] →自分がどのような仕事がしたいのか、なぜこの業界を志望しているのかを自分の過去の経験を踏まえて具体的に書けています。また、なぜ個社がいいのかについてはその企業の特徴を調べた上で入社後どのように活躍したいかまで書けていて働いている姿をイメージさせやすい回答になっています。 強みで述べている「お客様視点」の具体例まで書けるとより信憑性のある志望動機になると思います。 ガス業界の志望動機の例文 [su_box title="あなたが〇〇を舞台に実現したいことは何ですか。理由も書いてください。(300字)"]私は「人そして地球への笑顔の提供」を実現したいです。私は体育会サッカー部に所属し、部の合宿所で生活しています。近年、地球温暖化の影響もあり、夏場は特に暑さを感じます。そのため、合宿所内のどの部屋でも冷房が使用されており、そうした環境は、炎天下の中でも練習する私達にとって、大変快適です。しかし同時に、こうした快適さが、地球温暖化を促進させているという皮肉さも感じます。この問題を解消できるのが、貴社の最大の特長である「天然ガスコージェネレーション」です。お客さまのニーズに沿った価値あるサービスの提供を通じて、お客さまに笑顔を提供し、同時に地球にも笑顔を提供できる舞台が貴社にはあると確信しています。[/su_box] →個社のサービスを活用して地球温暖化問題を解決したいというビジョンを、自分の経験をもとに書けているため、説得力がある回答になっています。 石油業界の志望動機の例文 [su_box title="〇〇を志望した理由についてあなたの思いをご記入ください。(400字)"]貴社でなら「人々の豊かな生活を安定的・持続的に支えたい」という自身の思いを実現できると考え志望致します。社会を支えるインフラ事業の中でも全ての産業・生活に必要不可欠であるエネルギー事業は資源の乏しい日本において国策を担うほど重要であり、自身の取り組みにより多くの人々に大きな影響を与えることが出来ると考えます。その中でも貴社は伝統的な石油製品の精製事業だけでなく、石油代替エネルギーやシェールガス事業への参画など今後を見据えた事業に積極的であり、その将来性に非常に魅力を感じました。また、創業者の「人間尊重」「広く社会で期待され信頼される企業」いう想いが脈々と受け継がれている貴社でなら、自身も社会人として成長でき、また、上記の自身の成し遂げたい明確な想い・使命感を強く持ち活躍できると思います。以上の理由から企業としての社会貢献を第一に掲げ、将来性溢れる事業を展開する貴社を志望致します。[/su_box] →「夢→業界である理由→個社である理由」と抽象的な内容から具体的な内容に深ぼって回答しているため、わかりやすい構成になっています。また、企業研究で企業についてしっかりと調べられているため、個社への志望度が高く感じられやすい回答だと言えるでしょう。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ エネルギー業界は人気が高く志望動機のレベルも高いです。そのため志望理由を作成する際はしっかりと掘り下げて、具体的且つロジカルな構成で制作しましょう。

建設

建設業界の志望動機の書き方と例文~選考通過ESを公開~ 建設業界は社会貢献度が高いということから大手ゼネコンを中心に人気がある業界だと言えます。人気な業界であるからこそ、志望動機の質を上げなければ面接に進むことはできません。業界の特徴や業務内容を把握した上で、志望動機の例文を参考に書き方のコツを掴みましょう。 建設業界の特徴 この章では、建設業界の動向や業種、職種についてわかりやすく解説していきます。 ■建設業界の動向 リーマンショック後、建設業界の需要は減少しましたが、2011年の東日本大震災の復興需要やアベノミクスによる公共事業投資によって次第に回復していきました。さらに、最近ではオリンピックに向け大型施設の開発などが進んでいるため建設業界は強い追い風を受けています。 またオリンピック後もインフラや公共施設の老朽化対策によって、今後も安定して需要がある業界であると言えます。 ◆数字で見る建設業界の現状 参照元:業界動向サーチ/全136業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。建設業界63社が対象(2018-19年) ■建設業界の業種 様々な業種の中でどの業種を選ぶべきか、特徴と差別化ポイントを勉強しておきましょう。 建築 建築の主な業務内容は、ビル・マンション・一戸建て住宅などを建てることです。具体的には設計・基礎・電機・配管など、様々な専門工事者を手配して工事全体のとりまとめを行います。 建築業界はオリンピック開催に伴い非常に景気が良い業界であり、最近では仕事量が増加している業界と言われていますが、それを補える人材が足りていないという人手不足問題に直面しています。 そういった問題を解消するために、建築業界では人材確保に向け、雇用促進や待遇改善を行っています。 土木 土木分野の業務内容は、おおまかにまとめると事前の調査、基本設計、本設計、着工の流れになります。企業によっては設計や施工管理の担当として工事を進める場合もあれば、実際に作業員となって工事を行う場合もあります。 建築業界同様にオリンピックやアベノミクスの大規模な公共投資によって需要が高まっていると言えます。それにより近年の土木業界では、十分な人材を確保するために理系学生だけでなく文系の学生も採用しています。 ■建設業界の職種 職種によって業務内容も異なってくるため、自分がやりたいことは何なのかや、キャリア形成のイメージをある程度もって入社する必要があります。 営業 営業は公共工事を受注するための官庁営業と一般企業を対象とした民間営業の2つがあります。 お客様のニーズに応えられるよう社内の各部門と連携し、自社の技術を提案して受注につなげるのが営業の仕事です。 また、ただ工事を受注するだけでなく、建設現場と顧客を結びつける役割も果たしているため、施工を円滑に進める上でとても重要な役割であると言えます。 設計 設計は主に図面を作る仕事で、大きく分類すると建物の外装や内装などをデザインする意匠設計と建物の安全性を確保するため構造設計、電機や配管などの設備設計の3つです。 主な建設物はビルやマンション、商業施設、住宅、公共施設、橋梁などを設計しています。 お客様のニーズに応えるために品質の確保はもちろん、自社が保有する技術を提案し案件の受注を目指しています。 施工管理 施工管理は建物を作る過程全体を管理する仕事です。大きく分けると「建築」「土木」「設備」の3つに分かれており、工事の進捗状況、工程の管理、材料の手配、施主や設計事務所との交渉を行っています。 具体的には工事現場の現場監督など、職人さんに指示を出し、進捗や安全管理などを行っている人のことを指します。各工事現場には施工管理技士の有資格者が必ず必要です。 志望動機の作り方のポイント 建設業界はライバルが多いため採用担当者に強い印象を与えなければ書類選考を通過できません。なぜ志望するのか、なぜ自分なのかをシンプルかつロジカルに書きましょう。 ■建設業界の志望動機に必要な3つの要素 なぜ建設業界か、なぜその業種か、なぜその企業か。この3点の深堀りが必要不可欠です。 まず、業界について。建設業界は人々の暮らしや生活に密接に関わる仕事であるため、世の中の安心・安全を自分の手で作りたいなどといった建設業界ならではの理由を入れましょう。 次に業種について。例えば建築であれば、マンションや一戸建て住宅などの建築物の設計から建築までの様々な業務に携わるため、ただ建てるだけでなく人の人生に深く関わることになります。つまり責任感が重要となる仕事です。 業種によって扱う案件も異なってくるため、業種ごとの仕事内容を必ず把握しましょう。 最後に企業について。企業によって作っている建築物や構造物は異なるため、その企業の特徴やその企業が強みとしている建物の構造などを調べておきましょう。 それが終わったら競合と比較してみてください。そうすれば自ずと各社ごとの特徴が明確になります。 ■建設業界で求められる人材像 建設業界の仕事は一人で完結できるものではなく、たくさんの人と関わりながら仕事を進めていく必要があります。 そのためコミュニケーション能力はもちろんですが、工事を効率よく進めるために工程や進捗、安全などの管理能力も必要です。 工事現場は常に危険と隣合わせであるため、トラブルを未然に防ぐ先読み能力も重要です。 また、職種にもよりますが、自分自身が住み手の立場になって考え、お客様のニーズに沿ったものを設計できる想像力なども求められる素養であると言えます。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 ■志望動機の構成例 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文から、クオリティと書き方を学び、自身の書類に活かしてください。 建設業界の志望動機の例文(1) [su_box title="●●でやりたい仕事及びその理由をご記入ください。(300文字以下)"]『現場事務』に携わりたいと考えています。理由は(1)様々な人と関わり合いながら、ものづくりの最前線で仕事ができること、(2)竣工した時の達成感を皆で共有できることの2点に魅力を感じたからです。また、途上国でインフラ整備が追いついていない現状を目の当たりにした経験から、将来海外事業に携わり、国の垣根を超えて人々の生活を守りたいという目標があります。その為にも、現場で必要な業務知識を習得し、貴社で活躍できる人間になりたいです。周囲との信頼関係の構築が必要不可欠な施工現場において、私の強みである『多くの人を巻き込んで、チームに貢献すること』を生かし、自分から歩み寄る事で信頼関係の構築に努めていきます。 [/su_box] →なぜその仕事がやりたいのかについて自分の経験を踏まえた上で具体的に回答できています。また入社後自分の強みをどのように活かせるかまでを述べることができているため、企業側も入社後の姿をイメージしやすい回答であると言えます。 建設業界の志望動機の例文(2) [su_box title="志望動機をご記入ください。(500文字以下)"]私は日本のモノづくりを通して『人々の暮らしを豊かにしたい』という思いがあるからです。この思いに至った理由は、大学1年生の春休みに行ったバックパッカーでベトナムのホーチミンの中心部で地下鉄建設事業を行う日本の建設会社に強く共感したのがきっかけです。またこの光景を見て、日本の高い技術力で世界中の人々の生活水準を向上させ、且つ商品やサービスを通じて先進国・新興国問わず認知させていきたいと考えるようになり建設業界を志望するようになりました。その中でも貴社を志望する理由は、貴社の掲げる「進取の精神」というスローガンに共感したからです。私自身14年間継続したサッカー人生や半年間のカナダ留学においてどんなに困難な壁に直面しても「逆境に負けず、挑戦する」という事を大事にしてきました。 それ故、時代のニーズをどこよりも早く察知し、洋館・鉄道に始まり、ダム・超高層ビルといった前例のない事に果敢に挑戦してきた貴社の姿勢に感銘を受けました。そんないつの時代も建築業界を牽引してきた貴社の一員となり、モノづくりを通して「安心」「安全」で快適な社会の実現に貢献したいと考えています。[/su_box] →なぜその業界が良いのか、その中でもなぜ個社が良いのかが自分の過去の経験を通じて明確に書かれています。 建設業界の志望動機の例文(3) [su_box title="志望動機(400文字以内)"]私が建設業を志望する理由は異なる価値観や立場の人たちと協力して一つの大きな目標に向かって仕事ができることである。貴社は国内だけでなく、海外建設事業にも力を入れられている。ジャカルタでの地下鉄建設では、他業界の企業やJVとして他の建設会社といった多くの人たちとの協力によって開業が迎えられた。こうした多種多様な価値観を持つ人たちと、渋滞問題の解決というような大きな課題に向かって取り組むことのできる仕事をしたい。理由は学生寮の運営では毎月のように課題が出たが、何度も話し合いをして折り合いをつけ、考え方や生活リズムの異なる学生たちと協力しながら課題解決してきたことにやりがいを感じてきたからだ。また、貴社の「子どもたちに誇れるしごとを。」という、これから先の時代にも必要とされるインフラによって人々の生活を明るくし、次の世代の子どもたちにつないでいくというメッセージが印象に残ったことも動機となった。[/su_box] →個社の特徴をしっかりと調べられていることで、より具体的な志望動機になっています。また、自分の過去の経験を踏まえて書かれているのも読み手に信憑性を与えるポイントとなっています。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ 建設業界は社会貢献度が非常に高いことから人気の業界であるため、志望動機のレベルも高いです。志望理由をなぜなぜと掘り下げて具体的でロジカルな構成で制作しましょう。

銀行

銀行業界の志望動機の書き方・例文~三菱UFJ銀行など6社の通過ESを公開~ 金融業界の中でも特に人気の高い銀行。志望度の高い学生はインターンへの参加や、入念な企業研究をしているため、ありきたりな志望動機では選考を通過することはできません。 ”受かる”志望動機に必要な知識とノウハウを確認し、自身のアウトプットに役立ててください。 銀行業界の動向 銀行業界の注目すべき動向は「マイナス金利政策」と「フィンテック」です。日銀が発動したマイナス金利政策によって、各行の低金利競争がおこりました。 その結果、収益が大きく減少した銀行が増え、業界・機能再編を行う銀行もありました。フィンテックについては、仮想通貨技術の研究やモバイル決済への対応など現在進行形でIT化が進んでいます。 業界に対して安定したイメージがありますが、志望する銀行が今後大きな変革を遂げる可能性があることを頭に入れておきましょう。 ■数字で見る銀行業界の現状 参照元:業界動向サーチ/全130業界の業界ごとの合計、または平均を項目ごとにランキング。銀行業界98社が対象(2017年-2018年) ■銀行業界の3つの主要業務 預金業務 個人、法人問わず資金を預かり、管理・保管をする業務です。一般に使われる普通預金、積立式の定期預金のほかに、手形や小切手を受け取った別の人物が引き落とすことができる当座預金があります。 融資業務(貸付業務) 預金業務によって預かったお金を、資金が必要な企業または個人に貸し付ける仕事です。例えば、企業の設備投資資金や、住宅ローンなどがあります。貸出先に信用を与えることから与信業務とも言います。 為替業務 公共料金の口座振替など、銀行口座を持つ顧客からの依頼によって振り込みや送金を行う業務です。現金でのやり取りをせず決済ができます。また、為替業務の中には国際通貨の売買によって利益を出す外国為替部門もあります。 ■銀行業界の2大職種 営業職 個人向け、法人向けで勧める商材は異なるものの、顧客の状況や求めるものを察知して相手に合った提案をします。潜在的なニーズを把握しなければ取引に応じてもらえないため課題を特定するスキルが必要となります。この職種の場合、総合職採用であることが多いので、幅広い知識の習得にもつながります。 一般職(窓口) 預金、送金、振り込みなどお客様の対応がメイン業務です。混雑することが珍しくないため効率的な作業が求められます。窓口を閉めた後にはお金の計算を行い、金額を正確に合わせなければならないため、責任感と精緻さが必要です。 志望動機を作るために用意すべき3つの「なぜ」 銀行業界に限らず志望動機には一貫性と論理性が求められます。深く、細かく理由が必要ですが、最低限3つの「なぜ」を言語化した上で作成しましょう。 ■「なぜ」銀行を志望するのか 金融業界の中で、保険や証券ではなく、なぜ銀行なのか。銀行を選んだ理由を答えるためには、上述した業務や動向の他に、銀行が担っている社会的な役割や意義を知っておく必要があります。 過去の経験と考えをもとに、どんな軸で企業を選んでいるか明確にしておきましょう。 ■「なぜ」その該当銀行を志望するのか 特定の銀行でなければならない人はあまりいませんが、理由は必要です。理由を見つける方法はズバリ”比較”すること。企業理念、注力商材、取り組みなど競合と比べた時に秀でている箇所が必ずあります。 他社よりも秀でた点、特異性がその銀行を選ぶ理由になります。また、インターンやOB・OG訪問、銀行窓口での接客を観察して社風の面からも理由を作れるとより真剣度が伝わります。 ■「なぜ」自分が必要なのか まずは、学生時代の経験と入行後のありたい姿がリンクしているか。将来のビジョンが明確でない人も、「行風」に合わせたビジョンを作り親和性が高いことをアピールしましょう。 文字数があれば、どう貢献できるのか、本当にやれるのかを示しておくことも大切です。意欲だけではなく、企業で活躍するには能力が必要です。 会計係、難しい資格を取得したなどの具体的なスキルや、正確かつ丁寧、粘り強く勉強を継続できるという強みがわかる経験を伝えましょう。 志望動機の書き方 情報収集や自己分析を基に、伝えることが決まれば、あとは書くだけです。必ずしもオリジナルの構成にする必要はありません。 シンプルでわかりやすい文章構成が、相手を意識した書き方であり、読んでもらうコツです。 文章力に課題がある人は第三者にチェックしてもらうことで、「て・に・を・は」、接続語、「です・ます」調など細部まで整えましょう。 ■志望動機の構成例 [su_note note_color="#ffffff" radius="2"](1)志望動機をひと言で (2)具体的に言うと (3)理由(過去の経験と業界・その会社の関連性) (4)入社後にどうなりたいか[/su_note] [su_highlight background="#ffff00"]\志望動機の書き方が不安なら/ [/su_highlight] 志望動機の例文 実際に選考を通過したESの志望動機の例文および考察から、書き方を学び自身のESや面接に活かしてください。 三菱UFJ銀行の志望動機の例文 [su_box title="■当行を志望した理由を記載してください。(200文字以内)"]私は困っている誰かの助けになる仕事をしたいと考えています。銀行の仕事はお客様の様々な要望に対し、金融という側面から最も幅広い提案をできるものだと考えています。中でも貴行を志望する理由は、行員の方に魅力を感じたからです。行員の方にお話を伺った際、自分の行動が社会のためになっているのだという自負、そして仕事に対するやりがいや充実感といった部分に感化され、私も貴行の一員として働きたいと感じました。[/su_box] →文字数が少ないと具体的に書くことは難しいです。その場合は、面接のときに深堀った質問をしてもらえることを想定して書きましょう。「自分がやりたいこと」と「魅力に感じたこと」の関連付けは必須です。 三井住友銀行の志望動機の例文 [su_box title="■志望動機(150文字以内)"]私は「幅広い産業に関われること」「顧客と深い信頼関係を築けること」の2つの理由から、メガバンクを志望している。中でも貴行を強く志望するのは、「私ならでは」を重視する採用メッセージに惹かれたからだ。私は「自分にしかできないこと」を、仕事を通して身につけ、それを武器に顧客、社会の信頼に応えていきたい。[/su_box] →メガバンクである理由、三井住友銀行である理由の順で、面接時に面接官が詳しく聞きたい内容を並べるのは常套手段の1つ。上記例文は文字制限のため抽象的ですが、別項目の自己PRに自分らしさが伝わる内容が入っているためES全体で一貫性が出る書き方になっています。 みずほフィナンシャルグループの志望動機の例文 [su_box title="■当グループを志望した理由(300文字以内)"]私が貴グループを志望する理由は、あらゆる切り口から包括的に法人のお客様を支えたいからです。所属ゼミで中小企業30社にヒアリング調査をし、お客様の抱える悩みは百社百様であることを学んだ経験から、法人RMとしてお客様それぞれの悩みを解決したいと考え、銀行に興味を持ちました。中でも「銀・信・証」一体体制を取り、他社に先駆けてカンパニー制を導入している貴グループこそが「真の意味で」お客様第一を実行しており、包括的にお客様を支えられると感じました。また、インターンシップ等で出会った社員の方が皆誇りを持って働いており、一緒に働きたいと強く感じました。以上の理由から、みずほFG、特にみずほ銀行を志望致します。[/su_box] →銀行の理由、当行の理由という基本的な構成は外さないようにしましょう。文字数がやや多いため、志望動機とリンクする自身の経験を2文目に入れているため一貫性が出ています。 横浜銀行の志望動機の例文 [su_box title="■横浜銀行で成し遂げたいこと、そこにあなた自身のこれまでの経験や強みをどのように活かせるか?(400文字以内)"]私はお客様に寄り添い、満足を超える感動を届けたいと考えています。これは、アルバイトの経験から、お客様のことを考え行動したことに喜んで頂けた時にやりがいを感じたためです。貴行は地域を特定していることから、お客様とじっくり向き合い、より近い存在でいられるため、私の理想の企業であります。また、個人渉外と法人渉外どちらも経験できることや、若いうちから仕事を任せる風土があることから、経験を積み提案力を身につけることができると思いました。私は学生時代の経験から、サポートする立場で最も力を発揮できると感じています。入社後もこの経験を活かし、お客様1人1人としっかりと向き合い寄り添うことで、お客様の持っているニーズだけでなく、お客様が気づいていないようなニーズにもお応えしたいと考えています。そして、「あなたに任せて良かった」と言って頂けるような頼られる金融のプロに成長したいと思っています。[/su_box] →文章はお手本のような構成。また、地方銀行だからおこそのやりたいこと、できることを伝えています。銀行の営業は顧客と継続的な付き合いをするため、喜ぶ、寄り添う、任せて良かったなど、利他の精神が感じられる点も評価されます。 あおぞら銀行の志望動機の例文 [su_box title="■ あおぞら銀行を志望する理由をお書きください。(400文字以内)"]貴行の少数精鋭性と法人におけるテーラーメイド型提案に魅力を感じています。私は学生団体で行うイベント運営の中で相手の想いが演技・演奏という形で現実になる瞬間を見てやりがいを感じてきました。故に相手の希望や夢をパートナーとして実現まで導く銀行を志望しています。中でも貴行は少数精鋭を強みとして活用しています。顧客に応じて構想したオリジナリティ溢れる提案を全社的に推進しているという点、そして風通しの良い銀行だからこそ相談したい人に効率的に出会え、結果として顧客へスピーディーに返答できるという点は行員にも顧客にも良い効果を生んでいます。貴行のセミナーでは多くの行員の方が口を揃えて「若手から大きな仕事を任せてもらえる」と仰っていました。そのような案件を持つことも含めて貴行では組織の中、顧客との関係も含めて自らの存在意義をどこよりも感じられる銀行であると考え、志望しました。[/su_box] →志望動機で銀行側がもっとも知りたい“なぜその銀行なのか”を、3つ以上の理由を作ることができればes志望動機のレベルは高くなり、通過率は各段に上がります。 京都銀行の志望動機の例文 [su_box title="■志望動機"]「人の役に立つ仕事で、人の心を豊かにしたい」という思いから、生活の基盤であるお金を通して人の役に立つ銀行に惹かれました。その中でも貴行を志望する理由は2点ございます。 1点目は「金融大学校」など、教育研修制度が充実している貴行において自身を磨き、地域のみなさまに喜びや安心を提供できるような行員になりたいと考えたためです。 2点目は広域型地方銀行として積極的に店舗展開をされているためです。説明会で「関西全域を地元と言える銀行へ」というお話を伺い、「生まれ育った関西に経済的側面から貢献したい」という私の想いを実現することができる場は、貴行であると確信いたしました。[/su_box] →研修のリサーチや説明会参加など興味度が高いことが伺えます。「地元」という理由は地方銀行を志望する際のキーワードの1つです。本文構成に悩んだ際は例文の方法がシンプルかつ有効的です。 みなさんの志望動機は順調ですか? ここまでは、志望動機を書くために必要な情報をお伝えしてきました。 それでも、「自分の場合はどうすればいいの?」と不安な方も多いのはではないでしょうか。 そんな時は、自分ひとりで抱え込まず、客観的な視点からフィードバックをもらうべきです。就職エージェントneoでは、企業人事の要望を把握したプロのアドバイザーが年間2万件以上の就活生の悩みにお応えしています。 志望動機の添削はもちろん、就活でモヤモヤしているという方は、少しでも早くそのお悩みを解決し、自信をもって本番に臨んでください。 [su_highlight background="#ffff00"]↓就活相談はこちらから↓[/su_highlight] まとめ 上記の例文の通り銀行業界を志望する学生はロジカルな文章構成ができる人ばかりです。だからこそ銀行のことを詳しく知り、自分を掘り下げ、関連付けることがポイントになります。