TOP > 仕事百科 > カウンセラー・臨床心理士

カウンセラー・臨床心理士

仕事内容

カウンセリングは長期に渡ることもあるため、忍耐強さも求められます。
カウンセラーは、多様なジャンルの専門知識を持ち、
相談者に対してよりよいアドバイスを行います。
どちらの仕事も心に悩みを抱えた人の話を聞くため、どんなことも受け入れる
包容力や、話しやすい親近感があるといいでしょう。
近年、学校や職場などで心に悩みを抱える人が増えており、
今後ニーズが高まる仕事だといえるでしょう。
自治体で子育て支援、高齢者支援、犯罪被害者支援などを行うことも。
活躍の場は学校、病院、福祉施設、企業など。
臨床心理士は、ストレスなどで心の問題を抱えた人に対して
カウンセリングを行い、症状の緩和や回復、問題解決へのサポートをする仕事です。
臨床心理士は、日本臨床心理士資格認定協会が実施する資格試験に
合格することが必要です。
例えば、福祉の分野ではソーシャルワーカーや社会福祉士が、
教育現場ではスクールカウンセラーが、
企業では産業カウンセラーなどが活躍しています。

主な職場

医療(その他)
小売(医薬品)
商社(医療機器

スキル

・心理学やカウンセリング知識
・臨床心理士資格試験(臨床心理士)
・包容力や親近感

給与

21.2万円