TOP > 仕事百科 > ブライダル(ウエディング)プランナー

ブライダル(ウエディング)プランナー

仕事内容

ウエディングプランナーに適した資質としては、
ドレス・料理・引出物・インテリア・パーティ演出などのトレンド情報にも
詳しくなければなりませんので、各種最新情報に敏感でいられる好奇心や
探究心も大切です。
さらにまた、結婚式の現場でディレクター兼プロデューサーとして
一人何役もこなさなければなりませんから、
関係スタッフや業者から信頼される実行力・統率力・コミュニケーション能力など
も必要になります。

自己PR(例)

それまで名前もお顔も存じ上げなかった新郎新婦とご縁あって
お知り合いとなり、お二人の人生最高の瞬間に立ち会える喜び。
私は、ウエディングプランナーという仕事を、
とても幸せな職業だと思います。
新郎新婦のためにもっとも心に残る演出をして差し上げたい、
とりわけ、女として一番輝いてほしい花嫁のために、
私にできる精一杯の婚礼プランと披露宴をご提案したい、
そういう思いでウエディングプランナーをめざして勉強してまいりました。
ただ、結婚式の形式やスタイルは、
時代の移り変わりとともにめまぐるしく変化しています。
衣装・料理・引出物からインテリアや披露宴の演出まで、
新郎新婦のお二人にもご両親にも心から喜んでいただける
プランを提案できますよう、
これからもトレンドや最新情報に敏感でありたいと思っております。
貴社のスタッフの方々やお取引先の皆様のご意見に耳を傾けながら、
日々進化するウエディングプランを追求してまいりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。