TOP > 仕事百科 > 治験コーディネーター CRC

治験コーディネーター CRC

仕事内容

治験コーディネーターは、外資系メーカーの勢力拡大に伴う国際的競争の
激化により、近年ニーズも高まっている仕事です。
治験コーディネーターは、この治験の作業がスムーズに実施できるよう、
医療機関や製薬会社、治験の協力者との間に立って調整役を務めます。
被験者の体調管理やメンタル面でのケア、スケジュール管理も
重要な仕事の一つです。主な勤務場所は、医療機関、
医療機関を代行して治験の支援を行う「SMO(治験施設支援機関)」、
依頼者である製薬会社を代行して支援を行う「CRO(医薬品開発受託機関)」など。
厚生労働省の省令に基づき、新薬の効果を確かめるために患者や
健康な人に薬を使用してもらい、その身体的データを集めることを
「治験」と言います。治験開始前には医師、CRC、関連部署のスタッフが
治験実施上の問題点と改善策、スケジュールの確認などを行い、
治験コーディネーターはこのミーティングの事前準備を行います。

主な職場

医療(その他)
福祉関連
人材派遣

スキル

・医療業務や医薬品に関する知識
・看護師や薬剤師、臨床検査技師などの国家資格
・柔軟なコミュニケーション能力 

給与

21.9万円