TOP > 仕事百科 > DTPオペレーター

DTPオペレーター

仕事内容

DTPオペレーターは、大きな喜びとやりがいを感じるでしょう。活躍場所は、
雑誌や書籍、ポスターや広告などで、デザイナーが制作したデザインをもとに、
DTPソフトを使って印刷用データを作成します。
ミリ単位の緻密な作業が続き、誤字・脱字といったケアレスミスが企業にとって
大きな損害につながってしまうため、残業や休日出勤があることもありますが、
自分の手がけた書籍や雑誌が店頭に並んでいるのを見たときには、
デザイン事務所、編集プロダクション、印刷会社や広告代理店のデザイン部門など。
雇用形態は正社員・契約社員のほか、派遣スタッフやアルバイトなどさまざま。
具体的には、使用するフォントを内容に合わせて選んだり、
行間や字間を調整して読みやすくしたり、
写真やイラストを誌面に貼りこむなどの作業を行います。
パソコンと周辺機器、ソフトウェアをそろえて、
フリーランスとして在宅で仕事をこなしているオペレーターもいます。

主な職場

広告
写真スタジオ
イベント企画

スキル

・デザインや編集などの経験
・PCの基本操作
・Adobe IllustratorやAdobe Photoshop、Adobe InDesign、Quark XPressなどのスキル

給与

17.7万円

志望動機(例)

私はプレスと呼ばれる広報の仕事に憧れ、大学に進学しました。
私は、身近なところに発見した先人の意外な業績に、
広報の本質を見た思いがしました。目から鱗が落ちた気持ちで
広報の勉強にも力が入り、PRプランナーの資格にも挑戦して
1次・2次試験に合格、准PRプランナーの資格を
取得することができました。
もちろん、広報として採用していただき、
実務経験を積ませていただくことが叶いましたら、
次は3次試験にパスして正式なPRプランナー資格を取得する所存です。
広報として社内外に向けて情報を発信することにより、
さまざまな分野で会社のお役に立ちたいと思っております。

自己PR(例)

私は、課題作品の作成の際にもそうしてまいりましたが、
データ入力やデザイン作業をできる限り速く行うように心掛けています。
そうすることによって時間の余裕が生まれ、
自分で校正を念入りに行うことができ、
入力ミスを最小限に抑えることができます。
集中力を保って緻密な作業を持続することはけっして
苦手ではありませんので、就職して実際のDTP作業を担当する際にも、
可能な限り速い入力と念入りな再チェックを心掛けていく所存です。
ソフトは、イラストレーターとクォークのほかに、
フォトショップやインデザインにも十分に対応できます。
技術的に足らない部分はその都度研究に励み、より速く、
より確実に作業できるよう日々努力いたしますので、
なにとぞよろしくお願いいたします。