TOP > 仕事百科 > 海運

海運

仕事内容

船舶による海上輸送業務をいい、海運は古い歴史を有するが、
今日の海運市場取引に基づくいわゆる他人運送を専業とする海運業が
海運に支配的地位を占めるようになったのは,19世紀を迎えてからのことである。
それまでの海運は,商人が積卸地の市場で売買する自己の商品を
輸送するために船舶を所有し運航するという自己運送形態にあった。

主な職場

商社
海運会社
メーカー

スキル

貿易実務検定(A~C級)
TOIEC
英検

志望動機(例)

海運の仕事に関われる会社を探しているときに御社を知りました。
人々の生活において意識されることは少ない仕事ですが、
今の生活を支えるには必要不可欠な仕事で、もしも人々に
意識してもらえたならきっと「海運業がなくては困る。」と
言ってもらえるに違いないことに魅力を感じました。
これまで13年間続けてきた野球を通して培ってきた「人を支える力」は
御社で生かすことができる自信があります。

代表的な企業・団体

日本郵船
東京汽船
飯野海運