TOP > 仕事百科 > 不動産鑑定士

不動産鑑定士

仕事内容

不動産鑑定業務は、不動産の売買などで、その土地の評価が必要となったときに、
依頼人からの要請を受けて、様々なデータを元に、
その不動産の正当な価値を鑑定評価する。不動産鑑定士の仕事は主に
2つあり、1つは不動産鑑定業務、2つめはコンサルティング業務である。
また、土地や建物には、多くの法律、規則、助成措置などが関連しているため、
豊富な知識と経験が求められる。コンサルティング業務は、
不動産の専門知識を活かし、個人や企業、各種団体に対して、アドバイスを行う。

給与

623万円