TOP > 仕事百科 > 歯科衛生士

歯科衛生士

仕事内容

歯科助手と混同されることが多いですが、歯科助手は資格が不要であり、
歯石除去などの口腔ケアは一切できませんが、歯科衛生士は解剖学や
病理学など、医学の基礎や口腔衛生学などの専門知識と技能を身につける
必要があります。歯科技工士は歯科技工所や歯科診療所、
歯科機材メーカーなどです。
歯科衛生士になるには国家資格を取得する必要があります。
歯科衛生士は歯科医師の指導のもと、診療補助や予防処置・保健指導を行い、
歯科医療をサポートする仕事。
歯科技工士は、歯科医師の指示に基づき、歯科治療に必要な
歯科技工物(義歯、つぎ歯、金冠、充てん物、歯列矯正装置など)の
製作・修理・加工を行います。歯科技工士も国家資格が必要です。
患者の歯石・歯垢の除去や、正しい歯ブラシの使い方の指導のほか、
器具などの準備・管理、また受付事務やカルテの整理なども行います。
就業場所は、歯科衛生士は歯科医院、総合病院の歯科、
地域の保健センターや保健相談所、特別養護老人ホームなど。

主な職場

医療(歯科)
医療(その他)
サービス

スキル

・国家資格
・手先の器用さ
・コミュニケーション能力(衛生士は対患者、技工士は対歯科医師)

給与

22.7万円

志望動機(例)

私は、人々の健康的な暮らしに貢献できる仕事として歯科助手の道を
選びました。まだ未熟者ではありますが、スキルを高めて、
先生方からも患者様からも信頼される歯科助手になれよう努力いたします。
また、治療の際には、患者様に安心して快適に治療を
受けていただけますよう、患者様の身になって仕事に当たり、
治療の後は笑顔で楽しく帰っていただけますよう応接に
心掛けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。