HSDPA

【よみ】えいちえすでぃーぴーえー 【英名】HighSpeedDownlinkPacketAccess

HSDPAとは、第三世代携帯電話をより高速化させるために開発された
パケット通信技術の1つで、最高で14.4Mbpsの下り通信速度を実現することで、
NTTドコモのFOMAがまもなくサービスを開始する予定で、これまでのFOMAが
3G(第三世代)と呼ばれるのに対してHSDPAは3.5Gと呼ばれている。