TOP > 用語集 > IT用語集 > セキュリティ > ソーシャルエンジニアリング

ソーシャルエンジニアリング

【よみ】そーしゃるえんじにありんぐ【英名】SocialEngineering

ソーシャルエンジニアリングとは、テクノロジーを駆使してネットワーク経由で
不正にコンピュータに侵入したり、攻撃をしかけたりするのではなく、
物理的な手法で不正な目的を達成しようとする手口のことで、具体的な行為には、
管理者などの話の盗み聞きや、機密情報が記載された資料の盗み見、
管理者を装った電話やメールによるパスワードやIDの入手などがある。