アイドマの法則

【よみ】あいどまのほうそく【英名】AIDMAformula

アメリカの学者ローランド・ホールが提唱した「消費行動」のプロセスに関する仮説で、
顧客視点の心理的プロセスだが、売り手側がこれを意識することで顧客を消費行動へと導く。